東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方向けに、おすすめしたい会社をまとめてみました。

軽貨物運送業に女性求人ってあるの?流通業界での女性の活躍!

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/03

軽貨物ドライバーとして働きたいと考えている女性の方は意外と多いものです。しかし、女性でも応募することのできる軽貨物運送業の求人があるのか、女性ドライバーでも活躍することができるのか、といった点が気になっている方もいるのではないでしょうか。

こちらの記事では、軽貨物運送業における女性向け求人の現状や女性ドライバーが働く上で気になる点などを紹介してまいります。軽貨物ドライバーを仕事の選択肢に入れている方は、ぜひ参考にしてみてください。

軽貨物運送業に女性OKの求人はあるのか?

軽貨物運送業の世界で働くことを考えた際、女性でもOKの求人がどれくらいあるのかはまず気になる点の1つです。いくら軽貨物ドライバーとして働きたいと思っていても、求人がなければ働くことはできません。

また、仮に女性求人があったとしても十分な量でなければ競争率が激しくなり、諦めなければいけない状況になる可能性が高いです。

・軽貨物ドライバーの女性求人の現状

東京近辺の軽貨物運送業の求人をチェックしてみると、「女性OK」「女性ドライバーも活躍中」といった内容が掲載されているものが多く見つかります。給料や勤務形態の違いを考えなければ、引く手数多と言っても良い状況です。現在、インターネット通販の増加によって流通業界は慢性的な人手不足に陥っています。そのため、男女を問わず軽貨物ドライバーの求人も数多く募集されているのです。あなたの望む働き方に合致するかどうかは実際の求人の内容を確かめなければわかりませんが、選択肢の幅は非常に広くなっていると言って間違いありません。

・業務委託という働き方

軽貨物ドライバーとして働く方法は、何も運送会社に就職することだけではありません。独立した個人事業主として運送の仕事を請け負う業務委託という働き方もあります。業務委託は社員として働くよりも責任は重くなりますが、その分自分の裁量で自由に働くことが可能です。会社組織に所属するわけではないので、社員の男女比など懸念されがちな点も気になりません。業務委託の形式をとる軽貨物運送業の求人情報は東京ならたくさん出ています。また、女性が申し込むことに制限のかからない求人がほとんどなので、仕事を見つけて働き始めるまでの難易度も高くありません。事業を始めるまでの手続きさえクリアしてしまえば、希望と合致しやすい働き方です。

女性が軽貨物ドライバーとして働く際に気になるポイント

軽貨物運送業の女性求人が十分にあるという事情を理解したとしても、実際に働くとなると気になるポイントがいくつかあるものです。女性であっても問題なく軽貨物ドライバーとして働くことが可能なのかどうかは、その中でも特に気になる点ではないでしょうか。

求人に困らないとしても、働き始めてからトラブルが続出するようでは安心できません。そこで、軽貨物ドライバーの具体的な仕事に触れながら、女性でも働きやすい仕事なのかを確かめていきましょう。

・軽貨物車両の運転は難しくないのか?

軽貨物ドライバーの仕事は何と言っても運送用の軽貨物車両の運転です。これまでドライバーとして働いたことがない場合、軽貨物車両をきちんと運転できるのか、疑問を抱くことがあるかもしれません。しかし、心配は無用です。軽貨物ドライバーとして運転する車両は操作に関しては特殊なものではないので、普通の自動車と同じ感覚で運転できます。資格についても普通免許を取得していれば大丈夫ですし、AT車を使うのであればAT限定の免許証でも問題ありません。長距離トラックのように大型免許が別途必要になることはないので安心してください。

・荷物の運搬は女性でも問題ないのか?

荷物の運搬は力仕事なので、女性にとっては苦労する仕事なのでは?と考える方もいるかと思います。しかし、軽貨物運送業で取り扱う荷物は軽くて小さめなものが多く、女性の腕力でも問題なく運べることがほとんどです。例えば、インターネット通販で購入されるような商品を運搬用の車両から玄関先まで届ける、と考えればそこまで大変な作業でないことがわかります。運搬する際に丁寧さは求められますが、運ぶ作業そのもので苦労する心配はしなくても大丈夫です。

・軽貨物運送業は男社会ではないのか?

多くの人が、流通業界は男社会で女性は活躍しにくいというイメージを持っています。そのため、軽貨物ドライバーとして働く際、女性だと不利益を被る場面が多いのではないかということも気にされがちなポイントです。一昔前までは男性ばかりの環境であったことは確かです。しかし、現在は女性ドライバーの割合が増えていますし、取引先の業種によっては女性ドライバーが優先されるところも出てきています。以前と比べると、女性でも働きやすくなっていることは間違いありません。

女性が軽貨物ドライバーとして働くメリット

女性が軽貨物ドライバーとして働くことには、どのようなメリットがあるのでしょうか?

運転が好きなどの理由がない限り、他の職種より優れている点がなければわざわざ軽貨物運送業を選択する意味はありません。軽貨物ドライバーならではの利点をチェックしてみましょう。それらのメリットが自分にとって価値のあるものであれば、軽貨物ドライバーとして働く意味は大きくなります。

・ライフスタイルに合わせた柔軟な働き方ができる

ライフスタイルに合わせて柔軟に働くことが可能な点は、軽貨物ドライバーの大きなメリットの1つです。運送業は1日中働かなければならない職種というイメージを持っている方もいますが、荷物の積載量が限られる軽貨物運送業であれば短時間だけ働くということもできます。また、早朝や深夜など、通常の職場では難しい時間帯に合わせたシフトを組める会社も多いです。子育て中の女性にとって時間の融通が効く点は、十分に価値のあるメリットではないでしょうか。もちろん、できるだけ多く稼ぎたいという方は、たくさん働いて高収入を目指すということもできます。

・接客の心配りなど女性ドライバーの需要が増えている

接客の際の心配りなどが必要とされる場面が増えるにつれ、女性ドライバーの需要が増えていることも軽貨物運送業で働くメリットです。軽貨物ドライバーといってもただ単に荷物を運ぶ仕事ばかりというわけではありません。業務委託の内容によっては、宅配弁当のルート配送などお客さんと直接コミュニケーションをとる場面も出てきます。そのため、女性ならではの細かい気遣いを求める取引先も多いです。自分が必要とされている職場で働くことは、労働のモチベーションを高く維持することにも貢献してくれます。

女性が軽貨物ドライバーとして働く際の注意点

女性が軽貨物ドライバーとして働くことには独自のメリットがありますが、働き始める際に注意しておきたい点も存在します。目に入った女性OKの求人にそのまま応募してしまうと、後悔の残る結果になりかねません。

東京にはたくさんの求人があるわけですから、しっかりと比較検討することが重要です。複数の求人情報の中から応募先を選ぶ際にチェックしておきたい項目としては、以下のような点が挙げられます。

・女性ドライバーが働きやすい環境であるかをチェックする

以前と比べて女性ドライバーが働きやすい環境になっていることは既に解説しましたが、会社によってその状況には大きく差があります。つまり、女性ドライバーが実際に働きやすい環境であるかをチェックすることが大切です。例えば、業務中にユニフォームを着用する必要がある会社の場合、女性が着やすい服装を用意しているかは1つの判断基準となりえます。東京の軽貨物運送業の求人の中には女性だけの職場などもあるので、企業ごとの違いをよく調べておいた方が無難です。

・女性ドライバーが活躍している実績があるかどうかをチェックする

女性ドライバーが活躍している実績があるかどうかをチェックすることも、契約後のミスマッチを防ぐために重要です。既に多くの女性ドライバーが契約して働いている会社であれば、スムーズに業務を行える可能性が高くなります。実際の女性ドライバーの声をインタビューなどの形式でウェブサイトに掲載している企業なら、実情を把握した上で働き始めることも可能です。

 

東京の軽貨物運送業では、女性向けの求人が数多く募集されています。委託業務という形式まで含めて考えると、かなりの選択肢から吟味することが可能です。軽貨物ドライバーは普通免許があればできる仕事ですし、荷物の運搬も過度にきついというわけではありません。

柔軟な時間配分で働けるなど、子育て中の女性にも嬉しい仕事となっています。ただし、女性ドライバーの働きやすさは各企業によって差があるのが実情です。軽貨物ドライバーとして働くなら、応募先の企業で女性が活躍している実績があるのか確かめるなど、慎重な情報収集が求められます。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の軽貨物求人ランキング!
第2位 SBS即配
第3位 丸和運輸
第4位 赤帽
第5位 軽急便
記事一覧