東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方向けに、おすすめしたい会社をまとめてみました。

独立開業したら名刺を作成しよう!作成した名刺を片手に新規開拓

公開日:2019/12/15  最終更新日:2019/12/20

軽貨物のドライバーとして経験を積み、独立開業して軽貨物の求人を新たに探し始めている人もいるでしょう。それ以前の働き方とは違って、独立開業してからは名刺の価値がとても高くなります。これから成功を遂げられるようにするために魅力的なものを作成して新規開拓に挑みましょう。

営業ツールとして欠かせないアイテム

軽貨物ドライバーとして独立開業した場合には求人を探して仕事を請け負い、また次の仕事を見つけて働くといったスタンスになるのが一般的です。軽貨物ドライバー向けの求人サービスも充実するようになっているので、そのサービスに登録して応募していくのも良い方法でしょう。しかし、それだけではなかなか収入が安定しないこともあります。

引越しシーズンのように運送業者が繁忙期になると仕事が豊富にありますが、閑散期になるとあまり仕事が出回っていないこともあるからです。ある月はたくさん稼げたけれど、今月は一件も仕事を受けられなかったという状況に陥る可能性もないわけではありません。そのため、いかにして独立したドライバーとしての存在を顧客に知ってもらい、直接依頼を受けられるようにするが重要になります。

その営業ツールとして欠かせないのが名刺です。名刺には通常は名前や住所、電話番号やメールアドレスなどの連絡先と、自分の肩書や社名などを記載するのが通例です。顧客に渡しておけば必要があったときに連絡をもらえる可能性があるのは確かでしょう。

ただ、独立開業しているドライバーは自分だけではないということは頭に入れておかなければなりません。希望に沿った対応をしてくれて、しかも料金的にも安いところに頼みたいと考えるのはもっともなことでしょう。また、ちょっとした無理も言えたり、依頼ついでに雑談もできて楽しかったりすると受けが良いかもしれません。営業活動をするときにはこのような点も重視して自分自身や独立したドライバーとしての強み、依頼に対する費用面などについても伝えておくことが肝心です。

そのアピール内容と名刺が紐付けされて顧客の記憶に留まれば、必要なときに依頼をくれるようになります。ただ、口頭で説明したことは忘れてしまうことも多く、紹介チラシなどを作って渡したときにもなくしてしまうことがあるのも確かです。

しかし、日本では名刺はその人を象徴するものとして考えられているため、丁寧に保管しておいてくれる傾向があります。そのメリットを生かしてできる限り営業効果が高いデザインに仕上げるようにしましょう。

優れたデザインにするための考え方

営業ツールとしての機能を最大限まで高めるためにはどんなデザインにすると良いのでしょうか。軽貨物ドライバーに仕事を依頼したいというケースは年間を通じてそれほど多くない場合がほとんどです。

営業のために訪問してから、顧客が依頼しようかと検討を始めるまでに数ヶ月あるいは一年以上もかかることがあります。それでも名刺を見返したときにこの人に依頼してみようと思ってもらえるように仕上げるのが肝心です。

その判断基準として、業務内容やドライバーとしての強みが明確に記載されていることが重要になります。他にも候補があることを考慮すると、何か決定打がなければ連絡してもらえることはないでしょう。

スポット便に柔軟に対応する、大型トラックも運転可能、急なオーダーにも即日で対応できるなどといった売り文句が記載されているだけでも、顧客の状況によってはかなり魅力的に見えます。

また、顔写真付きにしておくと、営業のために訪問を受けたときの記憶が蘇ってきてどんな人柄だったかを思い出してくれるかもしれません。話がわかりやすかった、誠実な態度だったなどといった覚えがあると、この人にまずは相談してみようと考えてくれる可能性が高まります。

また、存在感も重視してデザインするように心がけるのも大切です。個人事業をしている人の場合には大手企業に比べると軽く見られてしまう傾向があるのは確かで、せっかく訪問して渡した名刺も捨てられてしまう可能性があります。それに歯止めをかけるのに役に立つのが重厚感です。

コストを削減しようと考えると安い上質紙で薄めの仕上がりにしてしまいがちになり、さらに色もモノクロにしてしまうこともあります。しかし、マット紙などを用いて少し厚めに仕上げるとそれだけで存在感があり、大切に取り扱うべきものだと直感的に理解してくれることも多いでしょう。

色もフルカラーにして美しく仕上げてあれば、捨ててしまうには惜しいという考えが芽生えやすくなります。このようにしていつも手元に置いておいてもらえる逸品にすることが営業効果の高さに直結するのです。

BtoBかBtoCかで使い分けよう

軽貨物ドライバーが独立開業するときには顧客層をどうするかで悩むケースもあります。BtoBを主要業務として企業専属の定期便の運行を担ったり、宅配会社や引越会社から荷物を引き受けたりする働き方もあるでしょう。スポット業務もおこなって、依頼に応じて運搬をすることで稼いでいくこともできます。定期便は安定した収入を得るには欠かせないもので、基本的にはBtoBのサービスになるのが特徴です。

それに対してスポット配送については企業からのオーダーもありますが、個人から依頼を受けることもできるでしょう。独立開業した軽貨物ドライバーがBtoCのスポットサービスだけを担っていることはあまりありません。むしろ、BtoCのビジネスは特におこなわずに、BtoBだけに特化していることが多くなっています。そのほうが求人を手に入れやすく、仕事のスケジュールも立てやすいからです。ただ、BtoCのサービスもするかどうかは考え方次第で、空いている時間に依頼が入れば大きな収入につながる可能性もあります。

BtoBとBtoCではサービスに求められる点が異なるため、名刺作りをするときにも作り分けておくのが肝心です。BtoBでは正確さが何よりも求められるのが通例で、特に定期便の場合には決まったとおりのものを所定の場所に定められた時刻に届けることになります。宅配や引越の荷物を引き受ける場合にも宅配会社や引越会社の指示に忠実な形で荷物を運ぶことが肝心です。このような点を強みとしてアピールしておくと依頼を受けやすくなります。

一方、BtoCの場合にはサービスの柔軟性も求められるのが一般的です。当日になってから発送を翌日にしたいと言われたり、荷物が増えたりすることもあるでしょう。そのような突然の事態でも柔軟に対応できるドライバーは親切で良いと捉えてもらうことができます。お客様第一という視点を強くアピールし、満足してもらえるようにサービスを提供するということをはっきりと伝えられるように仕上げておきましょう。

 

軽貨物ドライバーとして独立開業すると求人を獲得して仕事をしていくことになりますが、きちんと営業活動をしていないと安定した収入を得るのが困難になりがちです。営業ツールとして名刺は欠かせないもので、自分のドライバーとしての強みやサービス内容についてわかるように作り上げておくと役に立ちます。

また、厚みのある用紙を使ってフルカラーの美しい姿に仕上げることで身近に保管しておいてもらえるようにするのも効果的です。ドライバーはBtoB、BtoCのどちらも仕事も担えますが、顧客獲得力を高めるにはそれぞれに合わせて名刺を作成するに越したことはありません。求められているサービスに応じて違うポイントをアピールし、営業効果が高い仕上がりにして配るようにしましょう。

おすすめ関連記事




サイト内検索
東京の軽貨物求人ランキング!
第2位 SBS即配
第3位 丸和運輸
第4位 赤帽
第5位 軽急便
記事一覧