東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方向けに、おすすめしたい会社をまとめてみました。

軽貨物求人ドライバーに向いている人

公開日:2021/02/15  最終更新日:2021/01/25


コロナ禍で家にいる時間が増えたという人は少なくありません。テレワークや学校の休業で大きな変化を経験しました。外に買い物が行くのが難しかったため、ここ数ヶ月ネットショッピングを利用する人が増えています。軽貨物のドライバーが不足しており、求人も増加傾向です。では、どのような人が軽貨物のドライバーに向いているのでしょうか。

自動車の運転が苦にならない人

普段から自動車の運転をしており、何時間乗っても苦にならない人はドライバーに向いているといえます。なぜなら、配達の仕事は朝から晩まで車の中で過ごします。暑くても寒くても、どんな天候でも同じです。

働く会社で異なりますが、休憩を挟みながら朝9時から夜9時まで配達する場合もあります。それほど長い時間を車の中で過ごすわけですから、自動車が苦手な人は辛くなってしまいます。

また、安全運転にも注意を払う必要がありますが、車に慣れていないと危険です。逆に何時間運転しても疲れないという人は、向いている人といえるでしょう。軽貨物で使用する自動車は小型なので、普段乗っているのが軽自動車の方でもすぐに慣れることができます。

長時間ずっと乗りっぱなしということはありません。短距離を走って荷物を持って降りて、お客様に渡しての繰り返しなので、長時間運転する疲れはないです。いずれにしても、軽貨物のドライバーに向いている人は車の運転が好きであるということと、長時間車内で過ごしても苦にならない人です。

人間関係を構築するのが苦手な人

転職したときに大変なことが2つあります。

1つは新しい仕事を覚えることですが、慣れるまで時間がかかります。

もう1つは、新しい人間関係を構築することです。人付き合いが苦手な人もいると思いますが、同僚とうまく付き合うことができずに仕事を変える人もいます。

その点、一人でできるドライバーは人間関係をそれほど気にしなくてもいいので、気楽な仕事といえます。もちろん上司や同僚、お客様はいますが、それほど深く付き合うことはありません。

個人事業主として仕事を請け負うなら、人間関係で悩むことはないでしょう。一匹狼というわけではありませんが、どうしても他の人とうまくできないという人は、実はドライバーに向いている人なのです。

東京都内であれば、軽貨物の求人がたくさんあるので問い合わせることもできるでしょう。一人でも寂しさを感じずに仕事に打ち込める人は、配達業にピッタリです。そのようなわけで、職場での人間関係を作ることが苦手で、他の人と一緒に働くことに気を使うような性格の人はドライバーが向いているのです。

東京に住んでいる人

配達業の仕事は、運んだ数で給料が決まる出来高制です。細かくいうと、集荷と配達があり集荷の方が単価が高くなります。企業と契約して、一つ届けるのにいくらかかるか明確になっています。個人の場合は、大きさや重さで料金が変わるのです。

個人の場合は、宅配業の大手2社でほとんどカバーされているため、軽貨物は会社の荷物を運ぶのが多くなります。そう考えると、会社が多い東京都内や大阪、名古屋などの都市部が効率よく荷物を運ぶことができるエリアだといえます。求人も東京が多いのはそのような理由があるのです。

一日に100個の荷物を届けるとして、エリアが広かったり個人の家が多いと大変です。往復の時間もかかりますし、不在もあるので配達が完了しません。でも、会社が密集しているエリアなら効率よく荷物をお客様に渡すことが可能です。

住んでいる場所が東京で、会社などが多い地域なら軽貨物のドライバーを行うのに向いているといえるでしょう。届け先が会社であれば、土日は休むことが可能になりますし、夜遅くまで働く必要はありません。

睡眠がしっかり取れて元気な人

配達の仕事は運転が中心で、身体をあまり動かさないイメージがあるかもしれません。しかし、車から降りては乗っての繰り返しなので、身体はかなり使います。運ぶ荷物が大きいなら体力も必要になるでしょう。ですから、体が丈夫で元気な人でないと、軽貨物のドライバーの仕事は勤まりません。

9時から配達を始める場合は、早朝から仕分けの作業が必要になります。配達センターに届いた荷物をエリアごとに分ける作業です。繁忙期は朝6時や7時から作業を始める場合もあります。そうなりますと、毎日早起きする必要があり、朝からフルで動くことになるのです。

睡眠の質がよくて朝の目覚めがいい人はいいですが、朝が苦手な人には辛いでしょう。ドライバーの仕事はかなり体力を使いるため、毎日の睡眠でしっかり疲れを取ることができ、身体をリセットできる人は向いているといえます。

夜遅くまでお酒を飲むような習慣がある人は変化が必要になります。いずれにしても、毎日の睡眠がしっかり取れて、疲れをためないような人は配達業に向いているのです。

融通がきく人は配達の仕事に向いている

軽貨物の配達は個人で行いますが、サービス業に変わりません。お客様に荷物を届けることが大事です。とくに会社相手の配達になりますと、業務に必要なものが多くあります。朝一番で必要な書類である場合もありますし、今必要としているモノもあります。

もちろん、細かい時間指定ができない場合もありますが、臨機応変に対応することが大事です。自分で決めた配達ルートがあると思います。効率よく回ることができ、時間も体力も節約できます。しかし、急に配達先が変さらになったり、急ぎの荷物があると予定が狂ってしまうのです。

そのような場合に、融通がきかないとお客様との関係がギクシャクしてしまうかもしれません。常にお客様とよい関係を築くことができるドライバーは、突発的な問題が生じても大きな問題にならないでしょう。

融通をきかすことで、円滑な人間関係を築くことができ、ストレスを軽減できるのです。それで、軽貨物の仕事には臨機応変に問題に対処でき、融通がきく人が向いていることがわかります。

年齢を気にしなくても働ける人は向いている

転職の壁に35歳というのがありますが、とくに経験や技術を持っていないと転職が難しくなるといわれています。30代後半でもまだまだ若いですが、会社としては若くて元気な人を好む傾向があるのです。

軽貨物のドライバーは、年齢を気にしなくても働くことができます。配達業のイメージは若くて元気な人がしているというものかもしれません。しかし、年齢は関係ないのです。成果報酬の世界なので自分の体力の範囲で働けばいいのです。自分は若くないから無理と考えないで、自分でもできると思えるならこの仕事に向いているといえます。

どの仕事に関してもいえることですが、100パーセント自分に合っている仕事を探すのは難しいことです。でも、自分の年齢や経験を気にしない人であれば、軽貨物はいい仕事だといえるでしょう。

高齢の方でも働いている仕事なので、正社員の仕事を探しても見つからない人は、東京の求人で探すことができるでしょう。いずれにしても、年齢を気にしないで働くことができるので、あとは自分の気持ち次第です。

 

軽貨物の配達の仕事に向いている人は意外に多いものです。すべての条件が当てはまらなくても、やる気があれば問題は解決します。大事なのは、あきらめないで働くことであり、時間と共に慣れてきますので大丈夫です。仕事を探しているなら、東京の軽貨物の求人を見てみましょう。きっとピッタリの求人を見つけることができます。

東京軽貨物求人のおすすめランキング

商品画像12345
商品名ロジクエストSBS即配丸和運輸赤帽軽急便
特徴万全なサポート体制で今すぐ稼げる大手企業母体の軽貨物運送会社高収入を見込めるビジネスモデルが特徴組合員ドライバー同士が助け合う協同組合安心して働ける研修制度
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
東京の軽貨物求人ランキングはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧