東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方向けに、おすすめしたい会社をまとめてみました。

ズバリ開業資金はいくらかかる?運送業を始めるのに必要なものとは?

軽貨物ドライバーとして独立開業する場合、どれくらいの開業資金が必要になるのでしょうか。

こちらの記事では、どの程度の開業資金が必要になるのかを具体的に解説しています。

さらに、運送業を始めるために必要なものについても解説しているので、ぜひ最後までご覧ください。

 

必要な開業資金の目安は50〜250万円!

結論から申し上げると、軽貨物ドライバーとしての開業資金は50〜250万円程度が必要となります。「思っていたよりずっと高い…」と感じてしまうかもしれませんが、これは車両代金を一括で支払った場合の開業資金です。ローンを組んで分割払いで車両を購入すれば、必要な初期費用はもっと少なくすることができます。

開業資金に50〜250万円と幅があるのは、どんな車両を購入するかで費用が大きく変わってくるからです。安い中古車を選べば、開業資金は抑えることが可能です。

ちなみに、店舗を構えて飲食店などを開業する場合はこれよりもはるかに高額な開業資金が必要になってしまいます。そう考えると、軽貨物ドライバーの開業資金はそれほど高額ではないことを理解できますね。それでは、次の項目からは軽貨物ドライバーの開業資金の具体的な内訳について紹介してまいります。

 

開業資金の大半を占めるのが車両代

軽貨物ドライバーとして開業する場合、開業資金の大半を占めるのが車両代です。というのも、業務委託の軽貨物ドライバーであれば店舗や事業所を構える必要がなく、自分の体と車両さえあれば仕事ができるからです。車両代の目安は新車であれば100〜200万円程度、中古車なら10〜150万円程度です。中古車の場合は走行距離によって金額がかなり変わってきます。

「それじゃあ自分の車を使って開業すれば開業資金を大幅に抑えられる?」と感じてしまいますが、実は自家用車の場合は改造しなければ運送事業には使用できないことがあります。改造の手間や運送用の軽貨物車両の使いやすさを考慮すると、運送業専用のバンを購入するのが一般的です。

軽貨物車両を購入するには新車か中古車か、またどのメーカーの車両を選ぶか、など様々な選択肢があります。開業資金を抑えたいのであれば中古車が適していますが、走行距離が多い中古車を購入すると長持ちしない可能性もあります。長期的なコストパフォーマンスを考慮するのであれば、新車を選ぶのがいいでしょう。

ただし、軽貨物ドライバーとして開業したとしても、実際に業務を始めてみると想像以上に大変なこともあります。そのため、開業してすぐに転職してしまう方も少なくありません。ですから、転職の可能性も考えて金銭的なダメージを軽減したい方であれば、中古車を選んでおくのがおすすめです。

なお、軽貨物ドライバーとして業務を行う上で「この自動車メーカーを選ぶべき!」という基準は特にありません。強いて言えば、燃費がいい車両を販売しているメーカーの方が、ガソリン代などの維持費は安く抑えられるでしょう。メーカーについては基本的にご自分の好みで選んでしまって問題ありません。

 

未取得なら運転免許の取得費用が必要

軽貨物ドライバーとしての仕事をする上で、車両と並んで必要なモノがあります。それは、自動車の運転免許です。普通免許を取得している方であればその免許で軽貨物ドライバーとしての仕事ができますが、免許を持っていない方は開業資金として運転免許取得費用が必要となります。

運転免許の取得費用は20〜35万円程度が相場であり、MTで取得するのであればもう少し高くなります。もし開業資金を少しでも抑えたいのであれば、合宿免許という選択肢もあります。なぜなら、一般的には合宿免許の方が取得費用は安いからです。

ただし、合宿免許の場合はまとまった期間が必要になり、その間は仕事をすることができません。現在別の仕事をしている方であれば開業資金を準備し、さらに開業までの生活費を貯金しておくことも必要となります。そこまでの開業資金を用意するのが難しい場合は、現在の仕事をしつつ免許取得を目指すとリスクを軽減することができます。

 

その他必要な開業資金

軽貨物ドライバーとして開業する場合、車両代と運転免許取得費用以外にも必要な開業資金があります。こちらの項目では、それについて詳しく解説してまいります。

・スマートフォン(携帯電話)

これについてはほとんどの方がお持ちでしょうから、まず問題ないでしょう。軽貨物ドライバーとして仕事をする上で、スマートフォン(携帯電話)は必須です。業務委託の求人へ応募する際はもちろん、運送の際にお客様と連絡を取り合う時にもスマートフォンは必要です。プライベート用で自分のスマートフォンを持っている方は、それを利用すればOK。開業したての頃にわざわざ業務用のスマートフォンを購入する必要はありません。軽貨物ドライバーの仕事が軌道に乗ってきて、より本格的にビジネスを展開していくことになった時には、業務用のスマートフォンを手配するといいでしょう。

・カーナビや台車・ロープなどの備品

軽貨物ドライバーの基本的な業務は運転免許と車両さえあれば行うことができます。しかし、実務ではそれ以外にも様々な備品が必要です。例えば、土地勘のない場所へ運送を行うのであればカーナビは必須です。スマホの地図アプリには道案内機能もありますが、運転中に操作するのはNG。なによりカーナビの方がはるかに効率はいいので、軽貨物ドライバーとして開業するのならカーナビは必須です。カーナビは、安いものであれば2万円程度で購入できます。

また、荷物を効率よく運ぶために台車も用意しておくといいでしょう。その他、お客様の大切な荷物を破損してしまわないようロープや毛布なども必須。これらの備品は、1万円ほどあれば全て用意することができるでしょう。

・車両の維持費

軽貨物ドライバーの相棒とも言える車両。車両を維持するためには、ガソリン代や自動車税、自動車保険など様々な維持費が必要です。軽貨物運送業の車両にかかる維持費自家用車と比べると高額になります。荷物を運ぶのが仕事ですから、ガソリン代が必要になることは言うまでもありません。また、車両を所有している限り毎年の自動車税も避けられません。

それになにより、軽貨物ドライバーの場合は自家用よりも自動車保険が高額になります。これは、軽貨物ドライバーとして開業すると車検証が自家用から事業用に切り替わるからです。事業用であれば運転する頻度は増えるので、必然的に保険料は高くなってしまいます。

開業資金を抑えたいからといって、任意保険に入らないのは危険です。運転する機会が多ければ事故に遭う確率も高くなりますから、任意保険はまず必要です。それに、業務委託の求人などでは任意保険証のコピーを提出しなければならないケースもあります。安い中古車で開業資金を抑えるのであれば車両保険は必要ないかもしれませんが、対人・対物事故の無制限などは加入しておくと安心です。

 

今回の記事では、軽貨物ドライバーとして独立開業する上で必要となる開業資金や、運送業を始めるにあたり必要なものを紹介しました。軽貨物ドライバーの開業資金の多くを占めるのが車両代です。できるだけ開業資金を抑えたい方なら、走行距離が多くて安い中古車を選ぶといいでしょう。

ぜひあなたも、軽貨物ドライバーとして独立開業を行い、会社に縛られない生き方を探してみてくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の軽貨物求人ランキング!
第2位 SBS即配
第3位 丸和運輸
第4位 赤帽
第5位 軽急便