東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方向けに、おすすめしたい会社をまとめてみました。

未経験でも応募できる求人ってある?運送業に適した人とは?

公開日:2019/10/01  最終更新日:2019/09/30


運送業に興味があるけれど初心者なので不安が残る、そんな風に考えている方は珍しくありません。しかし、軽貨物運送業であれば未経験者でも応募できる求人は東京でいくつも見つけることができます。現在の軽貨物運送業の求人状況を把握すれば、不安を感じることなく新たな仕事にチャレンジできるはずです。

今回の記事では、未経験でも応募可能な求人の現状について解説します。また、あなたが軽貨物運送業に適しているかどうか、求人に応募する際に注意しておくべき点は何かなど、実際に軽貨物ドライバーになる際に重要な項目についても併せて解説するので参考にしてみてください。

未経験でも応募できる軽貨物ドライバーの求人はあるのか?

未経験者が軽貨物ドライバーになりたいと考えたとき、まず頭に浮かぶハードルは経験不問の求人があるのかどうかという点ではないでしょうか。日頃運送業に携わっているプロの姿を見ていると、いきなりドライバーになることは難しいと思い込んでしまっても無理はありません。

しかし、実際に求人サイトで東京エリアの軽貨物ドライバー募集を探してみると、未経験でもOKの求人情報は数多く見つかります。シフト勤務からフルタイム勤務まで、働き方もさまざまです。未経験の状態から軽貨物ドライバーとして働き始める方は意外と多く、運送業とまったく関連のない職種からの転職も少なくありません。

・ほとんどの求人では学歴や経歴を気にする必要がない
学歴や経歴を気にする必要がない求人が多いことも、軽貨物ドライバーという仕事の魅力の1つです。大手運送会社に正社員として雇用されるならともかく、業務委託の形式であれば軽貨物ドライバーになることは難しくありません。

東京の求人情報を見てみても、学歴・経歴不問の記載のある場合が多くなっています。過去にどんな仕事をしていたかに関わらず働き始めやすいという点は明確なメリットです。心機一転頑張りたい人にもおすすめできる仕事となっています。

・ルート配送なら慣れていない人でもこなしやすい
毎回異なる送り先に荷物を配送する場合、ある程度の土地勘が必要となります。長い期間その街に住んでいたとしても、いざ運送の仕事を始めてみると通ったことのない道が意外と多いことに気付かされるはずです。未経験者にとっては不安を抱きがちな点ではありますが、軽貨物ドライバーにはルート配送という選択肢もあるので心配は要りません。

ルート配送とはあらかじめ決められたルート通りに荷物を運送するという業務の形式です。単価で見ると給料は若干低めですが、一度経路を覚えてしまえば大丈夫なので未経験者でもやりやすい仕事となっています。まずはルート配送で経験を積んで、慣れてきてから別の業務に挑戦するという方法なら、安心して軽貨物運送業を始められるのではないでしょうか。

軽貨物ドライバーとして働くなら運送業に適しているかも知りたい

軽貨物ドライバーとして働くのであれば、運送業に適しているかも知っておきたいところです。未経験者でも応募できる仕事であるとは言え、合う合わないという問題は確実に存在します。

働き始めてから合わないと感じる結果を避けるためにも、軽貨物運送業に適しているかどうかはある程度確かめておいた方が無難です。運送業への適性にはさまざまなものがありますが、中でもチェックしておきた項目には以下のような点が挙げられます。

・運転免許を取得している
軽貨物ドライバーとして働く場合、普通運転免許が必要となります。もし免許がない場合、教習所に通うところから始めなければなりません。そうなると実際に働き始めるまでに長い期間が必要となってしまいます。当たり前のことではありますが、普通運転免許を取得していることは運送業で働く上で必須の条件です。なお、軽貨物運送業の範囲であれば、大型免許などは必要ありません。

・運転が好きである
運転するという行為そのものが好きである方は、運送業に適しています。軽貨物ドライバーは仕事時間中の多くを自動車を運転して過ごすことになるからです。運転そのものが好きなのであれば、長時間の運転が続いてもそれほど苦にはなりません。もちろんマイカーを運転するときとは勝手が違いますし、より安全運転を意識する必要はあります。

しかし、やりたくない作業を延々と続けることと比較すれば、気楽に仕事を続けていけることは間違いありません。逆に運転することが苦手という人は、他の条件面で合致していても止めておいた方が無難です。

・責任感がある
軽貨物運送業で大切となるのは、何と言っても責任感の強さです。軽貨物ドライバーは配送を請け負った荷物を決められた時間までにきっちりと届けなければなりません。責任感が薄く、適当な意識で仕事をするようでは次第に取引先の信頼を失ってしまいます。

また、荷物にダメージが入らないように丁寧な配送を心がけるという意味でも責任感は求められます。責任感という単語を聞くと何だか仰々しいイメージを持ってしまうかもしれませんが、1つ1つの仕事に真剣に取り組む姿勢があるなら問題はありません。

未経験者が軽貨物ドライバーの求人に応募する際に注意しておきたいこと

未経験者が東京の軽貨物ドライバーの求人に応募する際、注意しておきたいことがいくつかあります。未経験OKのドライバー募集であっても、会社の規模や事業内容には大きな差があるからです。

注意点について把握しておくことは、働きやすさや将来の高収入にもつながります。後々困った事態になるリスクを下げたいのであれば、以下のような点に注意してみてください。

・研修制度がきちんとしている求人を選ぶ
研修制度がきちんとしている企業に応募することは、未経験者にとって重要なことです。実際の仕事の手順から運転する際の注意点、取引先とやりとりする際のマナーなど、研修で学べることは多岐に渡ります。未経験であっても一通り研修を受ければ、自信を持って軽貨物ドライバーの仕事を始められるはずです。

研修の内容や研修にかける時間は企業によって差があるため、より充実した研修のできる企業を選ぶことをおすすめします。求人情報に掲載されている情報に加えて、公式ウェブサイトなどで研修システムを確かめておくと万全です。

・事務手続きをサポートしてくれる求人を選ぶ
業務委託の形式で軽貨物運送業をする場合、確定申告をはじめとするさまざまな事務手続きが必要となります。これまでそういった手続きを就職先の会社に任せきりにしていた場合、意外と手間取ることも多いです。

もし事務手続きに不安を感じているなら、サポートの体制の整っている会社と業務委託契約を結ぶことをおすすめします。全ての作業を代行してもらえるわけではありませんが、事務処理にかかる時間を大幅に節約することが可能です。未経験で仕事に慣れないうちは、特に心強い味方となります。

・仕事を獲得しやすい会社を選ぶ
いくら軽貨物ドライバーとして働く気があったとしても、現実に仕事がなければ稼ぐことはできません。未経験だと自ら営業して仕事をとってくることはなかなか難しいです。コネを活かして営業をするにしても限界があります。そのため、未経験で軽貨物運送業を始めるなら、きちんと仕事のとれる会社を選ぶことがおすすめです。

例えば、仕事量に保証のある企業と業務委託契約すれば、収入に困る事態を避けられます。また、どれくらいの実績があるのかをチェックしておくことも効果的です。

 

運送業が未経験であっても応募できる軽貨物ドライバーの求人は、東京であれば数多く見つけることができます。学歴・経歴不問の求人も多く、誰でも挑戦しやすい仕事です。

また、決められたルートを走るルート配送なら、初心者でも安心して働き始められます。運転が好きである人や責任感が強い人には特に適した仕事です。

求人は豊富にありますが、働きやすい環境を求めるのであれば、研修制度や事務手続きのサポート、仕事量などを比較してから応募先を決めることをおすすめします。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の軽貨物求人ランキング!
第2位 SBS即配
第3位 丸和運輸
第4位 赤帽
第5位 軽急便
記事一覧