東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方向けに、おすすめしたい会社をまとめてみました。

長距離チャーター便の求人って大変?その案件内容をご紹介!

軽貨物ドライバーの仕事には、長距離チャーター便という案件もあります。

こちらの記事では軽貨物ドライバーの長距離チャーター案件について、詳しく解説しています。

独立開業を考えている方や長距離チャーター案件に興味のある方は、ぜひ最後までお付き合いください。

 

軽貨物ドライバーの長距離チャーター案件ってどんな仕事?

軽貨物ドライバーの仕事に関して調べていると目にする「長距離チャーター便」という言葉。言葉を見る限り長距離を走る仕事だということは理解できますが、実際のところどんな仕事をするのでしょうか?

軽貨物ドライバーの長距離チャーターは俗に言う「貸切便」のことを意味しています。チャーターした荷主がその車両を貸し切り、荷物の輸送を依頼します。長距離チャーターは時間で決められることが多く、例えば8時間のチャーターであれば軽貨物ドライバーは時間内に配送を終える必要があります。軽貨物ドライバーのスポット配送は不定期に突然発生することがありますが、長距離チャーターの仕事もそれと同じように突発的に依頼される場合があります

軽貨物ドライバーの長距離チャーターでは、走行距離が300kmを超える案件が一般的です。そのため、長距離の運転でも難なくこなせる体力と運転技術が必要となります。なお、軽貨物ドライバーとして長距離チャーターの仕事を引き受けようと考えている場合、できる限り燃費がいい車両を選ぶことが大切です。なぜなら、長距離チャーターの仕事はガソリン代が非常にかかるから。軽貨物ドライバーの仕事に必要となる経費は基本的に自分持ちなので、できるだけ経費を抑えるためにも燃費のいい輸送車両を確保しておきたいところです。

ちなみに、長距離チャーターの案件を引き受ける際には仕事を紹介してくれる運送会社が帰りの荷物も手配してくれるケースが多いです。せっかく長距離を移動するのに、全く荷物を積まないで帰ってくるのはもったいないですからね。同じ荷主から往復分の依頼をされることもありますが、そうでない場合でも自分で帰りの荷物を探す機会は少ないので安心してください。

 

長距離便(軽貨物ドライバー)を引き受けるメリット

軽貨物ドライバーとして長距離便を引き受けることには、いろいろなメリットがあります。長距離チャーターの仕事を考えている方は、参考にしてみてください。

・報酬が高い
軽貨物ドライバーが長距離チャーターを引き受けるメリットとして、案件の報酬が高めである点が挙げられます。近場の配送よりも体力が必要な上、長距離になるぶん危険も大きくなります。そのため、チャーターの時間に応じて高額な報酬を得やすい仕組みになっています。軽貨物ドライバーとして独立開業してたくさんの報酬を得たい方は、長距離チャーターの案件を検討してみるのがおすすめです。

・人と関わる機会が少ない
長距離チャーターの仕事を引き受けるメリットとして、人と関わる・接する機会が少ないというものがあります。人と関わる仕事が好きな方には不向きかもしれませんが、接客業や営業の仕事に疲れてしまった方には最適です。

・たくさんの案件を探さなくてもいい
軽貨物ドライバーの仕事をしていると、高額な報酬を得るために多数の案件を探さなくてはならない場合があります。しかし、長距離チャーターの仕事なら1つの案件でまとまった報酬を得られるので、たくさんの求人に応募しなくてもいいメリットがあります。

軽貨物ドライバーの独立開業をした個人事業主の場合は、仕事がなかなか決まらないと不安になりがちです。しかし、長距離チャーターの仕事なら多数の案件を見つけなくても生活ができるので、不安になりにくいです。

 

こんな人は長距離チャーターの案件に向いている

次に、軽貨物ドライバーの長距離チャーター案件に向いている人の人物像を紹介します。当てはまる方は、ぜひ軽貨物ドライバーの独立開業を検討してみてください。

・軽貨物ドライバーで多額の報酬を得たい人
長距離チャーターの仕事は、報酬が高額になりやすいとお伝えしました。そのため、軽貨物ドライバーとして独立開業をし、多額の報酬を得たい方には長距離チャーターの案件が適しています。スポット便も高額な報酬を得られますが、案件自体が少ないので仕事が見つかりにくい時もあります。一方、長距離チャーターなら受ける仕事の数が少なくてもある程度の稼ぎになります。

・車を運転するのが好きな人
車を運転するのが好きな人は、軽貨物ドライバーの長距離チャーターの仕事がおすすめです。軽貨物ドライバーであれば普通免許のまま仕事ができるので、大型免許を取得する必要もありません。長距離チャーターの仕事では高速道路を走るのが日常です。そのため、高速道路事情にも詳しい方であれば混雑する道や時間を予想し、効率よく仕事を進めていくことができるでしょう。

・知らない土地や道を走るのが好きな人
普段は走らない道や行ったことのない土地を運転するのが好きな方は、軽貨物ドライバーの長距離チャーターに向いています。軽貨物ドライバーの仕事ではいつも決まったルートで荷物を運ぶルート配送という案件もありますが、それだと知らない道を走ることはできません。一方、長距離チャーターでは知らない道を走る機会が増えるので、日本全国様々な土地の道路に詳しくなれるかもしれませんよ。

・あまり人と関わらない仕事がしたい人
先述したように、軽貨物ドライバーの長距離チャーターは人と接する機会が少ない仕事です。そのため、あまり人と関わらない仕事をしたい方にもおすすめです。また、一人で長距離チャーターの案件を行う時は長時間の孤独な運転になります。そのため、自分のことを見つめ直したい方にもおすすめな案件です。

・体力がある人
体力がある人は、軽貨物ドライバーの長距離チャーター案件に向いています。なぜなら、長距離を走るチャーター便は必然的に体力が求められるからです。裏を返せば、長距離を運転する体力がない方には軽貨物ドライバーの長距離チャーターは不向きかもしれません。体力に自信がある軽貨物ドライバーの方は、長距離チャーターの求人へ積極的に応募してみてくださいね。

・深夜の生活にも慣れている人
深夜の高速道路を走った経験がある方はご存知かもしれませんが、道が空いている深夜こそ長距離チャーターの仕事に適しています。もちろん日中に荷物を運ぶ長距離チャーターの案件もありますが、深夜の仕事を依頼される機会だって少なくありません。そのため、深夜の生活にも慣れている人は軽貨物ドライバーの長距離チャーター案件に向いています。長距離チャーターは、眠気との戦いになります。そのため、深夜に眠くなってしまう人が長距離チャーターの仕事をするのは危険。深夜でも難なく起きていられる人には長距離チャーター案件がおすすめです。

 

どこで求人を探す?軽貨物ドライバー案件に特化したサイトがおすすめ

軽貨物ドライバーの長距離チャーター案件を探す場合、一般的な求人サイトでも見つけることができます。しかし、それよりも軽貨物ドライバーの求人に特化したサイトを利用するのがおすすめです。一般的な求人サイトでは見つけられないような好待遇の求人を見つけられる可能性もありますし、優先して案件を依頼してもらえることもあります。

さらに、未経験から軽貨物ドライバーの独立開業を考えている方をサポートしているところも。長距離チャーターの求人を探している方は、ぜひ軽貨物ドライバーに特化したサイトを活用してくださいね。

 

今回の記事では、軽貨物ドライバーの長距離チャーター案件について詳しく紹介しました。体力が必要になる長距離チャーター案件ですが、1度の仕事で高額な報酬を得られる場合もあるのでおすすめ。軽貨物ドライバーの独立開業を考えている方は、ぜひ検討してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の軽貨物求人ランキング!
第2位 SBS即配
第3位 丸和運輸
第4位 赤帽
第5位 軽急便