東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方向けに、おすすめしたい会社をまとめてみました。

軽貨物ドライバーの求人が定年後の仕事として人気の理由とは?

公開日:2020/12/15  最終更新日:2020/11/06


定年を迎えると会社勤めを辞める人が多いです。しかし、定年後でも仕事を続けたい人は多くおり、その場合どんな仕事を選ぶのかが大事です。定年するなら年齢的にも重労働の仕事を行うことが難しいので、どんな仕事も行うことができるわけではありません。

いろいろな仕事がある中で、定年後に選ぶことのできる仕事として人気があるのが軽貨物ドライバーです。「軽貨物ドライバーの仕事がなぜ人気があるの?」と人気の理由について知りたい人もいるでしょう。軽貨物ドライバーの人気の理由について紹介します。

老後資金に不安のある人が多い

定年した人が再び仕事を始める大きな理由としては、老後資金に不安がある人が多いからです。会社に勤めていた人でも年金だけでは生活を維持することが難しい状況となっています。

老後資金に不安がある要素としては以下のような要素があります。

■病気やケガによる資金準備

年齢が高くなってくると体が衰えてくるので、病気やケガによるリスクが大きくなります。もし、病気やケガをすることになれば大きな資金が必要になり、中には保険の適用がされないものもあります。

そうなるとお金が必要になるので、老後資金として貯めていきたい人もいるでしょう。また、怪我や病気になることを見越して保険をたくさんかける人もいます。ただ、保険をたくさんかけるなら保険料を支払う金額も多いので、保険料のためにも再び仕事を始めてお金を稼ぐ人は増えています。

■経済的な負担を軽減するため

高齢者であっても経済的な負担を考える人も多いです。高齢者の中には定年退職ではなく、早期退職などで早めに退職する人もいます。仕事を辞めたときには資金があっても自分の家庭の状態によっては、直ぐにoお金がなくなって生活費がなくなってしまうこともあります。

そのため、最低限の生活費を稼ぐために高齢であっても仕事をしなくてはいけない状況になっていることもあります。

また、高齢になって退職をした人も退職金で生活を維持できない状況の人もいます。マイホームなどのローンが残っている人であれば、退職金などはローン返済に当てて生活費はまた稼がなくてはいけないこともあります。

高齢者であっても年金だけで生活していくのは厳しい状況の人も多くいるので、経済的負担を軽減させるために仕事を始める人もいます。

■介護負担を減らすため

介護の負担を減らすために仕事を行う人もいます。高齢になってくると体の自由がきかなくなり、介護してもらう必要が出てきます。しかし、介護をしてもらうためには施設への入居やヘルパーを雇うなど、いろいろな出費が生じてしまいます。

退職金や年金だけでは介護費用を蓄えることができず、将来に不安を感じてしまう人は多くいます。そのため、介護が必要になることを見越して、高齢であっても動けるときに仕事をしてお金を稼ぎたい人は多くいるようです。

高齢者であっても将来の介護の費用を貯金するために、仕事を探してお金を稼ぐことを計画しています。

比較的小さく、軽い荷物の扱いが多い

軽貨物ドライバーの仕事が人気があるのが、比較的小さくて軽い荷物の扱いが多いことが関係しています。小さくて軽い荷物であれば高齢者にとっては良い点があります。それは以下の通りです。

■体への負担が少ない

高齢者になってくると体が衰えてくるので、力仕事を行うことは限界が生じることもあります。特に重い荷物を運ぶ作業は無理をすると腰や肩を痛める原因になり、仕事によって体を壊してしまう可能性があります。

しかし、体への負担が少ない軽作業であれな体への負担が少なく怪我をする心配もないので、体にあまり気を使わずに仕事をしていくことが可能です。軽作業であれば体が疲れることも少なく、体が元気な状態を維持することができるので、軽貨物ドライバーを選択する人は増えています。

■仕事を続けやすい

軽貨物ドライバーの仕事は高齢者が続けやすい仕事だと言えます。軽貨物ドライバーは荷物が軽く体への負担が少ないので、身体的負担が少ないです。身体的負担が少ないなら仕事は継続して続けやすく、仕事を変える必要がありません。

いくら時給や待遇が良くても体に負担が大きい仕事であれば、高齢者の場合は継続して仕事を行うことが難しく、途中で辞めてしまうことになります。軽作業であれば仕事を続けやすいという点も大きなメリットとなります。

自分のペースで働ける

軽貨物ドライバーは自分のペースで働きやすい仕事となっています。自分のペースで働らくことができれば、仕事が行いやすいですが、その理由について以下を紹介します。

■配送件数を自分で選べる

軽貨物ドライバーは配送件数を自分で選ぶことができます。貨物ドライバーであれば荷物の件数などにノルマがあり、ノルマを達成できなければ会社からプレッシャーをかけられることもあります。

そのため、ノルマが設定されてしまうと配送の仕事にも精神的負担が大きくかかってしまい、高齢者にとっては仕事をするときさらに負担がかかって継続して仕事が難しくなります。

しかし、軽貨物ドライバーのように自分の体調や負担を考えて選ぶことができれば、自分のペースで働くことができるので精神的負担はなくなります。配送件数が少なくても会社からプレッシャーをかけられることもないので、仕事もやりがいを持って続けやすいです。

■1人で作業を行うことができる

軽貨物ドライバーは基本的に1人で仕事をすることが多いので気楽に作業をすることができます。ドライバーでも2〜3人で作業する場合は少なくとも気を使うことになり、人間関係に過度に気を使う人であればストレスが大きくなり、仕事を続けることが難しく感じる人もいるでしょう。

また、誰かと作業するときに人間関係がこじれてしまうと仕事内容ではなくて作業自体に嫌気がさしてしまうこともあります。仕事を辞める理由として人間関係が上位に来ているので、1人で作業することができるのは仕事を続ける点で大事です。

軽貨物ドライバーで1人で作業することができれば、荷物を運ぶときや下ろすときも自分のペースで行うことができ、配送の手順も自分で自由にルートを決めることができます。

配送件数を達成する計画も自分で立てられるので、休憩時間なども自分の好きなときに休憩できるので、自由に1人で仕事ができることも人気の1つといえるでしょう。

■シフトも自由がきく

軽貨物ドライバーの仕事はシフトも自由がききやすいです。シフトは会社によって異なりますが、1ヶ月単位や1週間単位でシフトを伝えます。自分が仕事できる日のみをシフトに組むことができるので、自分の体調や健康に合わせてシフトの計画ができます。

もし、体調が優れないなら仕事に入る人を減らしてもらうこともできるので、高齢者にとっては仕事日数の調整がしやすくメリットとなります。自分の調子に合わせて仕事ができるので軽貨物ドライバーは選択しやすい仕事です。

まとめ

軽貨物ドライバーが高齢者に人気があるのは、高齢者向けのメリットがたくさんあるためです。仕事は自由がききやすく体への負担が少ないので仕事を長期的に続けていくことができます。

普通免許証があれば誰でも行うことができる仕事なので、高齢者で仕事をしたい人は行ってみることが検討できます。

東京軽貨物求人のおすすめランキング

商品画像12345
商品名ロジクエストSBS即配丸和運輸赤帽軽急便
特徴万全なサポート体制で今すぐ稼げる大手企業母体の軽貨物運送会社高収入を見込めるビジネスモデルが特徴組合員ドライバー同士が助け合う協同組合安心して働ける研修制度
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
東京の軽貨物求人ランキングはこちら

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧