東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方向けに、おすすめしたい会社をまとめてみました。

軽貨物運送業をやっていて感じるやりがいとは

公開日:2020/05/15  最終更新日:2020/07/03

軽貨物運送業は、近年需要が高まりつつある職業のひとつです。たいへんさを感じる場面もありますが、お客様に荷物をお届けする仕事だからこその楽しみ、張り合いもたくさんあります。これから独立・開業したい人に向け、やりがいを感じるところ、やりがい得るためのコツをについて紹介していきます。

自分のペースで楽しみながら働けるところが嬉しい

軽貨物運送業は、軽自動車を使って業務委託請負をし、お客様に荷物を配達したり引越し業をおこなったりする仕事です。日々の業務のなかにはたいへんなこともありますが、ほかの仕事では味わえない楽しさ、やりがいがたくさんあります。

まず、車の運転をするのが好きな人、車が好きな人は常に自分の好きなものに触れながら働けるので、運送業はまさに楽しい仕事といえるでしょう。街に車を走らせながら、外の景色をながめつつ季節の移り変わりや時間帯ごとに変わる空の色などを鑑賞でき、これは気持ちがよいものです。

車で移動する際は、車内で好きなラジオ番組やBGMなども聞けます。疲れたとき、気が張り詰めているときにはよい気分転換になるでしょう。もちろん仕事中なので、音楽やラジオに熱中し過ぎてはいけません。

しかし、かえって緊張感が続く労働環境はミスや事故のリスクを高めるといわれているので、車内でリラックスしながら働ける点は職場環境が良好といえます。また基本的には一人で過ごすことが多く、他人と共同で作業をする時間がほとんどないため、人間関係のわずらわしさがありません。

サラリーマンなどほかの業界からから軽貨物の仕事に転職してくる人には「気の合わない上司や同僚に気を遣いながら働くことに疲れた」という人も多くみられます。やはり、仕事のストレスやトラブルの多くは人間関係といわれますし、ひとりで働く時間の多い運送業は気楽に働ける仕事、人付き合いが苦手な人にとって快適な仕事といえるでしょう。

それでいて、まったくひとりっきりでする仕事ではなく、お客様とのコミュニケーションも適度に楽しめるので、張り合いも感じられます。デスクワークなどオフィス内で働き詰めだった人が転職してくることもありますが、外回りが新鮮に感じられ、変化を感じながら働けるところにやりがいをおぼえることも多いです。

そして雇用されている労働者とは異なり、1日の就労時間や休日などが規定で定められていないため、自分のペースに合わせて自由に働くこともできます。ストレス社会の近年は、他人に指示されたくない、自分の時間を大切にしながら働きたい、と考える人も増えてきました。

その点、この仕事はケジュールを調整したり請け負う仕事を選んだりできるので、ワークライフバランスを重視したい人にはまさにぴったりです。プライベートを含めた人生に大きな満足感を得ることでしょう。しっかり稼ぎたい人はガツガツと、ゆとりを大切にしたい人はゆっくりペースで仕事をすることができます。

人のために役立つ喜びが感じられる

運送業は人手不足が問題になっている業界です。厚生労働省が公開している2019年4月の有効求人倍率によると、自動車を運転する職業の求人率は平均の約2倍になっています。特に東京、愛知、大阪といった都会部で求人率が高くなっており、まさに軽貨物運送業の需要が高まっている状態です。

その理由にはネットショッピングやオークションなどの個人売買が普及し、利用者が年々増加していることが挙げられます。運送業がなければ、お店が営業したりお客様がショッピングを楽しんだりすることができません。運送業に携わるドライバーのひとりひとりが、社会の流通を成り立たせるために存在しています。

「自分は社会に大きく貢献しているのだ」と感じるとき、人から必要とされる充足感や満足感を噛みしめることになるでしょう。実際に運送業は、人のために役立つと感じる場面が多い仕事でもあります。

荷物を配達する際にお客様から「ありがとう」「ご苦労様」と直接感謝の言葉を伝えてもらうことが多いので、日々の業務のなかでやりがいを感じることができます。ほかの職業では、会社や世の中のために一生懸命働いても、直接感想やお礼を言ってもらう場面はそれほど多くありません。

やはり、頑張ったときにすぐ反響がかえってくると「頑張ってよかった」とモチベーションが上がるものです。重い荷物をお届けするときはたいへんかもしれませんが、お客様に感謝やねぎらいの声をかけてもらえば疲れも吹き飛ぶでしょう。人と触れ合いながらこちらも元気がもらえるところが軽貨物の仕事の醍醐味といえるのです。

そして雇用されている労働者とは異なり、1日の就労時間や休日などが規定で定められていないため、自分のペースに合わせて自由に働くことができます。「他人に指示されたくない、自分の時間を大切にしながら働きたい」と考える人は増えてきました。

その点、この仕事はケジュールを調整したり請け負う仕事を選んだりできるので、ワークライフバランスを重視したい人にはまさにぴったりです。プライベートを含めた人生に大きな満足感を得ることでしょう。しっかり稼ぎたい人はガツガツと、ゆとりを大切にしたい人はゆっくりペースで仕事をすることができます。

また、ドライバーといえば男性が多いイメージもありますが、女性もしっかり働ける仕事です。女性ドライバーの需要がじわじわと増えてきていることもあり、女性の開業や独立もおすすめです。短時間だけ仕事を入れることもできるので、家事や育児と両立しながらいきいき働けるところも魅力のひとつです。

もっと自分でやりがいを見出していくためには

軽自動車運送業は、自分のペースに合わせて働け、人から必要とされながら働ける、やりがいの大きな仕事です。この仕事に限りませんが、ときには思い通りにいかずモチベーションが下がってしまう日もあるでしょう。常にモチベーションを保ち、より楽しく働くためには自身で工夫することも必要ではないでしょうか。

軽貨物の仕事は委託先の請負で仕事を得ることが多いのですが、ただ待っているだけでは収入をアップさせることは難しくなります。自分から動いて仕事を見つけていけば収入アップにつながり、さらに大きなやりがいを得ることができます。ドライバーの方は、軽貨物の求人に特化した求人サイトをチェックし、仕事を見つけるための情報を積極的に利用するとよいでしょう。

特に東京は求人情報にも恵まれているので、こまめにチェックするのがおすすめです。また荷主と運送業者を対象としたマッチングサイトもあるので、どんどん仕事を入れていきたい方は利用してはいかがでしょう。そして、配達は歩合制で収入がもらえる仕事なので、いかに1件あたりの配達にかかる時間を短縮させ、1日に多くの配達をこなす、早く仕事を終わらせる、ということが大切になってきます。

無駄な動きが多いとガソリン代や時間を無駄にし、仕事に対するモチベーションも下がりやすくなります。慣れないうちは仕事の効率が上がらず配達に時間がかかってしまうことがありますが、これは地図や道路を理解していないことが理由に挙げられます。土地勘を早く身に付けることが大切です。

地図をしっかり頭に入れ、渋滞の少ない道路や近道ができる抜け道を早く覚えてしまいましょう。早く仕事が終わればしっかり稼ぎながらプライベートも確保でき、また明日の仕事の活力を養うことができます。

 

運送業界の人手不足が問題となっている今日、軽貨物運送業は需要の高い仕事といえます。世の中から必要とされる喜びを感じながら働くことができるでしょう。

また自分のペースで働けるので、ワークライフバランスを保ちながら充実した毎日を送ることができます。頑張れば頑張るほど収入が増えるので、工夫すればさらに収入アップが期待できます。さらに大きなやりがいを得るためには情報収集や業務の効率化に力を入れるとよいでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧