東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方向けに、おすすめしたい会社をまとめてみました。

【軽貨物求人】スポットドライバーの仕事内容とメリット

公開日:2020/11/15  最終更新日:2020/11/06


「自由に仕事ができる業種につきたい」と思っている人もいるでしょう。もしやりたい仕事がない場合や、自分の趣味に時間を当てたいという場合、おすすめの仕事のひとつに「スポットドライバー」があります。仕事内容にメリットが多くあることから人気のある職業ですが、ここではそんなスポットドライバーの仕事内容について詳しく紹介していきます。

好きなときに仕事ができる

スポットドライバーは好きなときに仕事をすることができます。なぜかというと、スポットドライバーの仕事は自分主体で案件を得るシステムとなっているからです。仮に、定期的に案件を受け取るような仕事の場合は、スケジュールを確保しておかないといけないので、自分の自由な時間を確保することが難しくなります。

しかし、スポットドライバーの場合は、案件を持ちかけられた際に承諾するかを自分で選ぶことができるので、自分のスケジュールに合わせて仕事を行うことができるのです。しかも、このように自分の好きなときに仕事ができることで、さまざまなメリットが付随します。

■休むことに抵抗を感じない

好きなときに仕事をすることができるなら、休みが欲しいときに抵抗を感じなくて済みます。もし、休んでいる間にも案件が溜まって休み明けの仕事量が増えてしまう仕事をしている場合なら、休んだ後のことが気になって休むことへの抵抗感を抱いたり、休みたくても休むことが難しいということにもなりかねません。しかし、スポットドライバーは案件を自分で承諾して選ぶことができるため、休みが欲しいときは案件を承諾しないようにするなど、自分のペースで仕事を減らすことが可能です。休みに関して抵抗を感じないように自分で調整することができるので、休みをなるべく自由に、気兼ねなく取りたい人にはスポットドライバーがおすすめです。

■自分の時間を確保できる

スポットドライバーはスケジュール管理がしやすいので自分の時間を確保しやすいです。一般的な職業でよくあるケースとして、仕事量が多くなってくると自分の時間を確保したいと思っていても仕事を納期までに終わらせる必要があるので、自分の予定よりも仕事の予定に合わせて行動しなければいけません。

しかし、スポットドライバーの場合は自分の予定に合わせて仕事を入れることが可能なので、自分が「お金が欲しい」と思えば仕事の案件をたくさん入れて仕事量を増やすこともできますし、趣味への時間など自分の予定を優先したい場合は、仕事を入れない予定にすることができます。自分の時間を確保しながら仕事をするためには計画性が必要になってきますが、逆に言えば計画さえしっかりできていれば、プライベートも仕事も満足することができるでしょう。

■ストレスを軽減できる

好きなときに仕事ができるならストレスを軽減することも可能です。仕事でやる気を出すためには、自分のプライベートの時間を確保しながら仕事をする必要があります。毎日仕事をして自分の自由な時間がなくなれば、気持ちが張り詰めてしまい、大きなストレスを感じてしまう人もいるでしょう。仕事が固定されているならば、疲れていてもやる気がなくても仕事をしなければいけません。

しかし、スポットドライバーのように自由に計画して仕事を行うことができれば、自分にかかる負担を調整することができ、仕事のストレスを軽減することができます。ストレスによって「仕事の継続するのが難しい」と考える人もスポットドライバーであれば無理なく仕事ができる可能性が高いです。

条件のよい仕事を請けられることも

スポットドライバーは企業や委託したい人から仕事を自由に受けることができますが、条件の良い仕事が舞い込んでくることもあります。スポットドライバーは長距離を移動する仕事ですが、距離数が長いほど報酬は大きくなり、1回の運送で数万円になる案件もあります。

条件の良い仕事であれば少ない時間でお金を稼ぐことができるので大きなメリットと言えるでしょう。条件の良い仕事を受けることができれは以下のような良点も考えられます。

■仕事に対するやる気が上がる

好条件の案件が多ければ仕事に対してのやる気も上がります。案件の内容がよく1回の仕事でお金をたくさん稼ぐことができるなら、月の収入を上げることができ、資金を増やすことができます。誰しも良い条件での案件であればいつもより収入が増えるので自然とモチベーションも上がり、仕事に対しての意欲が上がるので、仕事でストレスも感じにくくなります。

ただ、案件内容によっては運送距離がかなり長くなるなど負担が大きくなることはあります。案件と報酬、また自分のモチベーション的に問題ないのかを確認して仕事をするようにしましょう。

■仕事の時間を減らせる

好条件の仕事があれば収入が増えるので、その分仕事の時間を減らすことができます。高案件であれば、自分の目標となる収入までに到達するスピードは普通の仕事をしていくのと比べて早くなります。自分の納得する収入を得ることができれば仕事の量を減らして、安心して休みを取ることが可能です。受注型なので高案件はいつ舞い込んでくるか分からない点はありますが、仕事の時間を減らして負担を軽軽減することはできます。

請けたいときに仕事がない場合もある

スポットドライバーは自由に仕事を行うことができますが、デメリットとしては受注型であるので請けたいときに仕事がない場合もあるということが挙げられます。受注型の仕事だと、受注依頼がたくさんくることももちろんありますが、反対に少ない期間も生じます。

請けたいときに仕事がない場合、発生しうるリスクについてご紹介します。

■収入が不安定になりやすい

請けたいときに仕事がないと、収入が不安定になってしまうこともあります。収入面で仕事の計画を立てても仕事の依頼がないなら計画通りにならず収入が予定していた金額よりも低くなることもあります。収入が不安定だと生活費などの計算が立たなくなるので、スポットドライバーの仕事を続けることに不安を感じてしまうかもしれません。

■自分の時間を確保するのが難しい

請けたいときに仕事がないなら、自分の時間を確保することに難しさを感じてしまいます。仕事がない状態であれば、自分が仕事をするときに請けることができないので、休みにしていた計画と仕事をする予定だった計画を調整しなければならなくなります。もし、調整しなくてはならないなら、自分の時間を安定させることができずに自分の趣味や用事を入れることが難しくなることもあります。計画の調整が不得意な人はスポットドライバーの仕事に苦労するかもしれません。

■やる気が下がってしまうことも

請けおいたいときに仕事を受けることができないなら、やる気が下がってしまうことがあります。仕事をしたいときに仕事がなく、休みが欲しいときに仕事をしなくてはならないなら、仕事をするときのモチベーション維持がとても難しくなります。自分の仕事に対してのモチベーション維持が難しいと、仕事へのやる気が下がってしまい、仕事のクオリティが落ちてしまうこともあります。請けたいときに仕事が見つからないことが多くなると仕事へのやる気を保つことが難しくなるので、注意が必要です。

 

スポットドライバーは自由に仕事ができ、案件によっては高案件ともなりますが、仕事がしたくても請けおうことができないこともあるので、メリットとデメリットを判断して自分に合っているのか考えてみましょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧