東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方向けに、おすすめしたい会社をまとめてみました。

こんな人は軽貨物業の独立開業に失敗!?押さえるべき3つのポイント!

公開日:2019/08/01  最終更新日:2019/07/19

こちらの記事では、軽貨物ドライバーとして独立開業して失敗してしまう人の例や、失敗を防ぐために押さえておくべき3つのポイントを紹介しています。

軽貨物ドライバーとして独立開業する上でリスクヘッジになる内容をまとめていますので、ぜひ最後までご覧ください。

 

軽貨物ドライバーで独立して失敗する人とは

まずは、軽貨物ドライバーで独立開業して失敗してしまう人の例を紹介していきます。ここで紹介している例を反面教師として捉え、失敗の可能性を少しでも減らすことが大切です。これから軽貨物ドライバーの独立開業を考えている方は、ご自身の独立の成功に役立ててくださいね。

・「楽に稼げる」と勘違いしている

インターネットの通信販売が盛んになり、現在運送業は人手不足に陥っています。最近では運送業の働き方が見直されている真っ最中であり、今後はより働きやすい業種へと変わっていくことが予想されます。しかし、そんな需要のある運送業の仕事も、決して楽に稼げるものではないことを覚えておきましょう。

「楽に高収入を得られる」と勘違いして独立開業に失敗し、サラリーマンに戻った方は少なくありません。最悪の場合は独立に失敗したことが原因でアルバイトとして働くことを余儀なくされてしまう場合もあるのです。

軽貨物ドライバーの独立に失敗すると、車両のローンだけが残ってしまいます。そうなれば、独立開業前の頃より生活が厳しくなる可能性もあるので、注意が必要です。あくまで独立開業は自己責任であり、リスクがあることを忘れない姿勢が大切です。

・他力本願で責任感がない人

自分一人で軽貨物ドライバーの仕事を始めようと考えた場合、ほとんどの場合は法人としての起業ではなく個人事業主としての独立開業になるでしょう。とはいえ、個人事業主も立派な起業家であることに違いはありません。少し厳しいことを言うようですが、他力本願で責任感がない人は独立開業には不向きです。

・選ぶ会社や求人を間違えた人

どんな業界にも、悪いことを企んでいる人はいます。残念なことに軽貨物ドライバーの業種にも悪巧みをしている人や会社は存在しています。「軽貨物ドライバーとして独立開業しよう!」と強い意志を持っている方を騙そうと考えている会社や求人も。そういった悪質な会社や求人に引っかかってしまうと、どんなに責任感があり真面目に働く人であっても失敗するリスクは高くなります。

・勢いでサラリーマンをやめてしまった人

上司との人間関係や仕事量の多さ、給料の安さなどサラリーマンとして働くことには様々な不平・不満がつきものです。しかし、勢いでサラリーマンを辞めて軽貨物ドライバーの独立開業をするのはおすすめできません。なぜなら、軽貨物ドライバーの独立開業には様々な準備が必要だからです。

 

独立開業で失敗しないための3つのポイント

ここまでは、軽貨物ドライバーの独立開業で失敗してしまう人の例を紹介してきました。こちらの項目では、「そんな失敗を防ぐためにはどうすればいいのか」という対応策を3つ紹介します。ここに書いてある内容を十分に理解して独立すれば、失敗のリスクは大幅にカットできるでしょう。

①十分に下調べと準備を行う

軽貨物ドライバーとして独立開業を目指す方にまずお伝えしたいのは、十分に下調べと準備をするべきだという内容です。「楽に稼げる」と勘違いしたり、勢いでサラリーマンを辞めてしまったりすると失敗することは先述の通りです。

その失敗を防ぐためには、軽貨物ドライバーの業務内容や業界の仕組み、仕事を獲得する方法や独立開業のために必要な事柄などを十分に下調べする必要があります。そして、「業務用の車両はどうするべきか」「自分の場合は自動車保険をはじめとする経費はいくらになるのか」などを具体的に考え、入念な計画を立てることが必要です。

ここまでやって初めて軽貨物ドライバーの独立開業におけるスタートラインに立つことができます。十分な下調べと準備、基本的なことですが、忘れず実行するようにしましょう。

②質の高い求人を選ぶ

先述したように、軽貨物ドライバーの業界にも悪いことを考える人がいます。そのため、軽貨物ドライバーとして独立開業する場合は質の高い求人を選ぶことが非常に重要です。「誰でもすぐに稼げるようになる」など甘い宣伝文句ばかり並べている求人は非常に危険です。「そんなにうまい話はない」ことを理解し、十分に見極めるようにしましょう。

ただし、軽貨物ドライバーの業界には独立開業を目指す人を全力でサポートしてくれる優良企業が存在していることもまた事実で、優良企業を選ぶことができれば、軽貨物ドライバーとしての未来は一気に明るくなることでしょう。軽貨物ドライバーの独立開業をサポートしてくれる優良企業の見分け方は、最後の項目で詳しく解説しています。

③誠心誠意真面目に取り組む

軽貨物ドライバーの仕事は決して楽なものではありません。受けた仕事は責任を持って果たさなければなりませんし、トラブルを起こしてしまった時には誠意を持って自分で対応しなければいけません。

サラリーマンであれば企業の後ろ盾があるのである程度は守ってもらえますが、軽貨物ドライバーとして独立開業すると自分を守れるのは自分だけです。引き受けた仕事は責任を持って最後までやり遂げる強い意志こそ、軽貨物ドライバーとしての成功の秘訣です。

それでは、サラリーマンとして企業の後ろ盾が無い状態でどのように取引先からの信頼を得れば良いのでしょうか。その答えは、一つひとつの仕事に誠心誠意真面目に取り組むことです。どんな仕事にも真面目にがんばっていれば、きっと取引先は評価してくれることでしょう。

場合によっては配送の単価を引き上げてもらえる可能性や、定期配送を任せてくれることもあります。配送単価が上がれば収入が上がることは間違いないですし、定期配送の仕事を獲得できれば毎月安定した収入を得やすくなります。

 

初めての独立開業ならサポートが充実している求人を!

それでは最後に、悪質な求人に引っかからず優良企業を見分けるための方法をお伝えします。いくつか例を挙げると、以下のポイントが判断基準となります。

・未経験者でも積極的に採用している

・教育やサポート体制が手厚い

・開業資金をサポートしてくれる

軽貨物ドライバーの独立開業を支援する優良企業は、未経験者であっても積極的に採用してくれます。さらに、未経験者を一から育て上げるための教育体制が整っていることもあり、軽貨物ドライバーとしてのノウハウを学ぶことが可能です。

また、軽貨物ドライバーの独立開業を支援してくれる企業は、独立開業に必要となる初期費用をサポートしてくれる場合があります。運送用の車両を購入するためには数十万円から数百万円の初期費用が必要になりますが、一部でもサポートしてもらえればありがたいですよね。なぜそんなことをするのかというと、仕事を依頼する企業側としては「運送業務を任せられる人材をもっと増やしたい」と考えているからです。需要の多い軽貨物ドライバーだからこそ、手厚いサポートが用意されているんですね。

 

今回の記事では、軽貨物ドライバーとして独立開業をして失敗してしまう例や失敗を防ぐためのポイントを紹介しました。安易な気持ちで独立すると失敗することもあるので、十分に下調べと準備をした上で独立開業を行ってくださいね。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の軽貨物求人ランキング!
第2位 SBS即配
第3位 丸和運輸
第4位 赤帽
第5位 軽急便
記事一覧