東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方向けに、おすすめしたい会社をまとめてみました。

稼げる軽貨物ドライバーになるためには研修へ参加して知識を深めよう

公開日:2019/11/15  最終更新日:2019/10/31


運送業として働く場合、時間の融通などが効くことが多いため魅力的とも言えます。しかも最近は、個人向けの荷物が増えているため仕事がなくなるようなこともまずないでしょう。では、軽貨物のドライバーとして働く場合、研修に参加するメリットはどの程度あるでしょうか。

普段手に入らないようなノウハウなどが手に入る

軽貨物のドライバーとして研修に出る場合には、たくさんの情報を手に入れることができます。研修といっても、自分でお金を払わないならばそこまでいるものは大きくありませんが、もし自分でお金を払って研修に入れたとすれば、それだけ必死になって勉強することになるでしょう。そうすると、普段見えなかったことも見えるようになりより多くの知識を手に入れることが可能になります。

具体的には、軽貨物ドライバーとして、時間を短縮させる方法です。だれもが、限られた時間の中で一定の仕事をこなしています。ですが、人によってスピードが異なるのは、実際にドライバーをやってみるとわかります。

同じ荷物を配達したのに、2時間ぐらいで終わる人と3時間以上かかる人がいます。中には、休憩時間をつぶしてまで配達に充てている人もいるぐらいです。このように、人によって会社に戻ってくる時間が違うのは、いかに効率よく仕事をしているかどうかの違いといえるでしょう。

効率よく仕事をしているとすれば、無駄な時間を過ごさず合理的に配達をすることができます。もしその方法を知れば、今までより貴重な時間を有効に使うことができるでしょう。それだけでなく、一度にたくさんの仕事をこなすことができるため、収入のアップも間違いありません。個人でおこなっているならば、それだけ自分の収入が大きく変わってくるところです。

通常一人で仕事をしている場合には、なかなかそのような情報を耳にすることはありませんが、研修などに参加することで初めてそのような有効な情報を手に入れることが可能になります。ある程度著名人が研修を開催しているとすれば、貴重な情報を手に入れることができる可能性があります。

例えば、書籍などを書いている人が主催している場合、まだ世の中には知られていない情報をこっそりと教えてくれる可能性もあります。これにより、より有効に時間を使うことができるようになるかもしれません。

次に、動機づけになることも頭に入れておきましょう。基本的に、スピーカーは話し方を研究しています。いかに、参加者の意欲を引っ張り出すかが重要なポイントになるわけです。そのため、そこに参加する人のモチベーションが上がりやすいようにさまざまな具体例を出して、よりやる気を出す方法を説明していきます。これにより、普段では味わうことができないぐらいモチベーションが高まることがあるでしょう。

特に、仕事にマンネリを感じてくるようになった場合、プロの意見などをよく聞きモチベーションを高めることができればこれまで以上に稼げる可能性も高まります。このように、外からの刺激を受けるのが大きな魅力の一つになるでしょう。

もちろん、最終的にモチベーションは自分自身が出していかなければいけません。つまり、人から与えられたモチベーションだけでなく、自分でモチベーションを高める方法を知る必要があります。そのためには、さまざまな勉強会などに積極的に参加していろいろなスピーカーの話を聞くようにするべきです。

普段作ることができないような人脈作りも可能になる

世の中にはいろいろな個性をもった人がいます。普段会社の中で働いている世界は、一つのコミュニティーですが、普段働いている人とだけ付き合っていても、外の世界を知ることはできません。

そこで、研修などに行き外の世界を知ることが重要になってくるでしょう。参加者は、自分の会社や今まで付き合っていた人以外にもたくさんの人が参加しているはずです。むしろ、そこに参加しているすべての人が出会ったことがない人の可能性が高いです。

例えば、自分の席の横になった人に声をかけてみると、おもしろい個性をもった人の可能性もあるでしょう。そもそも、わざわざお金を払って勉強会などに参加する人は、それなりの意欲がある人と言えます。意欲がある人と話をすると、相乗効果で自分自身の意欲を出すことができるようになるものです。

実際に、たまたまセミナーや勉強会などに参加して隣の人と話をした結果、その人と意気投合して一緒にビジネスをスタートしたという例もあるわけです。それだけでなく、その人が一生の仲間になることも少なくありません。

もちろん、自分の席の隣の人だけでなく、いろいろな人と積極的に話をしてみることが重要になります。話をすることで、自分がいま働いている世界はとても小さな世界であることに気がつくはずです。このように、少しずつ人脈を増やしていくと、いつの間にか目的意識も高くなり仕事に対する意欲も高まる可能性があります。

このときには、初めての人と話すことに対して抵抗がある人もいるでしょう。話しかけるのに勇気がいる可能性もあります。ですが最近は、グループ学習などがおこなわれることがあり、4人から5人で一つの班を作り、その中でそれぞれ話し合って学習を進めていくグループ学習のスタイルがはやっています。このように、できたグループの中で仲良くなってみるのも良いかもしれません。

基本的に、そこに参加している人は自分と同じ目標をもった人の可能性が高いです。ライバルとして考えるのも良いですが、力強い味方として考えてもよいでしょう。結果的に、一声かけた結果が良い意味で自分自身の人生を変えることにもなりかねません。

直接スピーカーに対して質問をすることができる

スピーカーとは、研修で話しをする人のことをいますが、普段はなかなか話すことができない人がスピーカーになっている可能性があります。例えば、その道の第一人者で、よく雑誌の取材などに出ている人などがこれにあたります。

中には、よくテレビに出ている人がスピーカーになっている可能性もあるでしょう。このような場合には、その研修自体も人気があり、なかなか参加するのも難しいことも少なくありません。

もし、自分よりも能力が高い人がスピーカーになっているとすれば、その人に直接質問してみるのも良いでしょう。ある程度小さな会場ならば、終了してから質問することもできますが、参加者が100人以上いる場合には、終わってから個別に質問を受けつけてくれる可能性は少ないです。

終わってから質問をすることが難しければ、質問タイムが設けられていますのでそのときに積極的に手をあげることが重要になります。たいていの場合、ある程度大きな会場でも一人か二人ぐらいしか手をあげないこともありますが、逆にそれだけの人しか手をあげてないということは、ライバルが弱い証拠でもあります。積極的に手をあげて、何でもよいので質問をしてみることです。

ただ、可能であれば参加する前の段階でいくつかい質問を考えておきましょう。これにより、最終的に自分の能力を高め、収入アップにつながる可能性が考えられます。

 

軽貨物のドライバーになった後に研修などがおこなわれているときには、積極的にノウハウを手に入れるようにしましょう。普段出会わない人などに出会うことにより、さまざまなノウハウが手に入る可能性が高まります。

もし、このとき人脈作りをしておくならば積極的に声かけをすることが重要です。相手も同じような目的で参加していますので、会話もしやすいでしょう。もしかしたら、声をかけた相手が将来のビジネスパートナーになるかもしれません。

それ以外に重要なことは、積極的に質問することです。これにより、収入がアップする可能性も高まるでしょう。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧