東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方向けに、おすすめしたい会社をまとめてみました。

仕事は求人案件だけじゃない!?営業活動をして仕事を増やそう

公開日:2019/09/15  最終更新日:2019/09/03

今回の記事では、軽貨物ドライバーが営業活動をするメリット・デメリット、実際に営業をする方法について紹介していきます。求人案件だけにとらわれない仕事の増やし方に興味があるなら、ぜひ参考にしてみてください。

軽貨物ドライバーが営業活動をするメリット

軽貨物ドライバーが営業活動をすることには、いったいどんなメリットがあるのでしょうか?

従来の業務に加えて追加の時間を費やすことになるわけですから、十分なメリットがなければ営業活動をする意味は薄くなります。軽貨物ドライバーが営業活動をするメリットの中でも特に注目したい点は以下の通りです。

・受ける仕事の量を増やせる

受ける仕事の量を増やせるという点は、営業活動をするメリットの中でもわかりやすいものです。業務委託契約をしていれば一定量の仕事を請け負うことができますが、業者の状況によっては仕事が少ない期間があることも珍しくありません。仕事のない時間を持て余すことは収入の低下に直結しますから、求人案件のフォローとして営業活動をすることは妥当な方法です。営業をする相手によってはスポット便だけでなく、定期便の仕事を請け負える可能性もあります。東京であれば営業活動をして仕事をまったく見つけられないということは考えにくいです。

・ロイヤリティーや手数料を節約できる

業務委託契約やフランチャイズ契約をして軽貨物ドライバーをする場合、契約している業者にロイヤリティーや手数料を支払わなければなりません。その分手厚いサポートを受けられるという利点はありますが、慣れてくると手数料を節約したいと考えるのも当然の流れです。営業活動をして新たな仕事を獲得した場合、取引先から直接報酬を受け取ることになるのでロイヤリティーや手数料はかかりません。つまり、単純に手取りの報酬を増やせる点も営業活動をするメリットとなります。また、節約した手数料の分だけ値引きして、より仕事を依頼されやすい状況を作るという方針も十分に可能です。

・独立開業する際に役立つ

現在、業務委託契約を結ぶ形で働いているものの、将来的には完全に個人事業主で軽貨物運送業をしたいと考えている方は多いものです。業者から独立して軽貨物ドライバーの仕事をするには、自分自身で取引先を開拓できなければなりません。今のうちから営業活動を経験しておけば、個人事業主になった後で仕事を探す際、戸惑わずに済みます。また、独立前に営業をして請け負った仕事をそのまま独立後の仕事にできるというメリットも大きいです。

軽貨物ドライバーが営業活動をするデメリット

どんな軽貨物ドライバーでも営業活動をするべきかと言えば、そういうわけではありません。さまざまなメリットがあるのと同様に、営業活動をすることにはデメリットもあるからです。享受できるメリットを考えれば、デメリットを負うことにそれほど大きな問題はありません。

しかし、デメリットを知った上で営業活動をすることとデメリットを知らずに営業活動をすることの間には大きな隔たりがあります。後々営業活動をしなければ良かったという結果にならないよう、デメリットもしっかり把握しておきましょう。軽貨物ドライバーが営業活動をするデメリットの中で代表的なものは以下の通りです。

・普段の業務と違う作業をすることになる

営業活動は軽貨物車の運転や荷物の運搬といった軽貨物ドライバーの普段の業務とはまったく違った作業です。つまり、営業活動を始めるということは新たな分野の仕事に手を出すことを意味します。そのため、最初のうちは失敗が続いたり、ストレスを感じたりすることもあるはずです。いったん慣れてしまえば問題ないデメリットではあるので、長期的な視点で考えることが重要になります。

・労働時間が長くなる

軽貨物ドライバーの仕事に加えて営業活動をするということは、労働時間が長くなることを意味します。スケジュール調整を上手く行わないと、疲労感が抜けず非効率的な働き方をすることになるかもしれません。軽貨物ドライバーの仕事を抑えて営業活動の時間に充てることもできますが、満足できる報酬の仕事を受けられなければ、逆に収入を減らす結果になることもあります。どうしても働きすぎになってしまいがちなので、営業活動を始める際は時間管理にも気を遣ってください。

軽貨物ドライバーができる営業方法

軽貨物ドライバーができる営業方法にはどんなものがあるでしょうか?これまで営業に関わる仕事をした経験がない場合、何から始めてよいかわからないと感じる方もいます。そこで営業活動の具体的な方法を紹介していきます。

個々のドライバーの状況によって適した営業方法は異なるので、自分に合ったものを取捨選択することが大切です。以下のような営業方法から始めてみることをおすすめします。

・取引先とのコネを活用する

手堅い営業方法の1つとして、取引先とのコネを活用することが挙げられます。業務委託契約を結んで軽貨物ドライバーをしている場合、既に多くの取引先とやりとりをしているはずです。そういった取引先に軽貨物運送の仕事が他にないかを確認することで、新たな仕事を獲得できるチャンスがあります。また、直接仕事を依頼してもらえない場合であっても、知り合いを紹介してもらえる可能性がある点もこの営業方法のメリットです。業務委託契約を結んでいる業者の規約によっては不可能な場合もありますが、まず最初に検討してみるべき営業方法です。

・直接会社に訪問する飛び込み営業

直接会社に訪問して仕事を獲得する飛込み営業は、伝統的な営業方法です。付き合いのない会社を訪問することが基本となるため、これまでにない取引先を見つけられる可能性があります。コネを活用する場合と違って一から関係性を構築する必要があるので、軽貨物ドライバーとは異なるスキルが求められますが、仕事の幅を大きく広げたいなら挑戦してみる価値はあるはずです。担当者にまったく話を聞いてもらえず門前払いに遭うということもありますが、落ち込まずに営業を続けることが結果を出すために重要となります。

・電話で営業するテレアポ

電話で営業を行うテレアポも営業方法としてはメジャーなものです。電話帳などで企業の電話番号を調べ、荷物の運搬の仕事がないか電話をかけていく形となります。電話をかけられれば可能な方法なので、場所を問わずに営業活動をすることができますが、いきなり断られる可能性も高いです。そのため、飛び込み営業と同様に気持ちを維持して数をこなすことが重要となります。また、テレアポをするには電話代が必要となるので、かけ放題のプランへ加入することも検討した方が無難です。

・マッチングサービスを利用する

軽貨物運送業に関わるマッチングサービスを利用することは、未経験者でも挑戦しやすい営業方法です。マッチングサービスは荷物を運んでもらいたい企業と軽貨物ドライバーをつなぐサービスで、求人案件と同じように仕事を探すことができます。前述した営業方法と一般的な求人サイトの中間に位置する方法です。初めて営業活動をするのであれば、求人サイト以外で仕事を見つける経験を積むために活用することもできます。

 

営業活動をすれば業務委託契約をした会社以外から仕事を受けることが可能となります。仕事の量を増やせる上に手数料の節約にもつながるので、高収入を目指すなら見逃せません。

また、将来的に独立開業を考えているなら、その予行演習としても重要となります。今までにない作業をすることになるため、慣れるまでは大変に感じることもあるかもしれません。

しかし、長期的な視点で見れば挑戦する価値はあるはずです。営業方法にはコネを活かす方法や飛び込み営業、テレアポなどさまざまなやり方があります。それぞれに違った特徴があるので、自分に合った方法を探してみてください。

おすすめ関連記事

サイト内検索
東京の軽貨物求人ランキング!
第2位 SBS即配
第3位 丸和運輸
第4位 赤帽
第5位 軽急便
記事一覧