東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方向けに、おすすめしたい会社をまとめてみました。

軽貨物運送業と配送業では何が違うの?

公開日:2020/06/15  最終更新日:2020/07/03

日常生活なかで、宅急便や引っ越し便など数多くの運送業者の情報を目にすることがあります。配達関係には軽貨物運送業と配送行があります。同じ配達関連でもこの2つには違いがあるといわれています。違いを知ることで生活に役立ちます。

配送業者にはジャンルで違いがある

インターネットで購入した商品が自宅に届く場合、主なジャンルとして宅急便やその他の配送業者による配達があります。これらは大まかに軽貨物運送業と配送業に分けられます。そもそも軽貨物運送業とは、軽トラックで宅配などの貨物運送をする仕事で近年は個人事業でおこなうケースも増加しています。この業種には車種の登録から始まりさまざまな事業登録をして陸運局の許可を得る必要があります。

主な仕事内容は、移動はすべて軽トラックでおこなうことや荷物を集荷後、当日中にお客さんのもとに納品することが大前提です。つまり時間との勝負ですべての配送先において約束の時間までに届けるということが必須条件です。運べる荷物については、基本的に法律や条例に違反していなければ何でも運ぶことが可能です。

給料に関しては、1日に走った距離がベースになり、県を越えた移動をおこなえばおこなうほど金額に反映されやすくなります。荷物に関する制限も基本的にはありません。

その一方で配送業は、大手宅急便や運輸会社などメジャーに知られている会社のことを言います。これらの会社はコンビニなどで預かりが可能なため、送る側としては24時間発送が可能な点で便利です。

しかし、荷物を集荷後相手に届くまでに数日程度の日数がかかる場合もあります。急いでいる場合、直営店に持ち込むと翌日など最短で荷物を届けることが可能です。配達するものは法律や条例により禁止されているものはもちろん、独自のルールで内容物を制限していて配達できないものもあります。

配達料金は、地域によって決まっていて北海道や沖縄などはプラスの料金がかかります。同一の場所に届ける荷物でも商品内容により追加料金の徴収などがあります。配達に使用する車両は2トントラックとワゴンタイプの軽車両などがあります。

決定的な違いは、内容物の制限や荷物ごとの料金、発送日数により選ばれる傾向があり、早く発送したい場合は、軽貨物運送業に依頼する傾向にあるということです。消費者や便利さや費用はもちろん発送日数なども見極めています。

軽貨物運送業は独立を目指す上で最適

近年、運送業の個人事業に注目が集まっています。軽貨物運送業は、独立に最適な仕事と言えます。これまでは大手配送業者で働いていて独立するケースがほとんどでしたが、近年はサラリーマンから転職するケースも少なくありません。

確かに、この仕事は会社に勤めているのと異なり時間的に自由があり、個人のスケジュールの都合で配送できるというメリットがあります。いわゆるアルバイトでシフトを自己申告する「自己申告制」です。さらに働いた分だけ給料に反映されるのも人気の理由です。

さらに荷物量は増えていても、実際には運送業事態が人手不足の傾向にあるため、一矢報いるという点でもいいかもしれません。運送業者から独立した場合は、手続きに関するノウハウを把握しているため、スムーズに進みますが、初心者の場合はどこから手をつけていかわからないという人も多いです。

実際にどのように手続きをしたらいいのか、改行にはどういった書類が必要かなどで頭が混乱するケースも少なくありません。

具体的な手続き方法について記述します。まずは基礎知識を身に付ける必要があります。書店にいくと参考書などがあるので参考にしてみるといいかもしれません。1通り基礎知識を勉強したら、実際に届け出の手続きが必要になります。

軽貨物運送業は、軽自動車や二輪自動車を使用しておこないます。荷物の輸送依頼を受け運賃を受けとる場合は事業とみなされます。軽自動車を使い個人に荷物を届けることはすでに所持している軽自動車を登録するだけで簡単にできます。軽自動車にはいわゆるナンバープレートが黒いものは個人事業主の証明になります。

軽貨物運送業にはほかの配送業と手続き方法が違う

運送業は主に3種類あるといわれています。不特定多数の荷物を自動車を使用して配送する場合は、「一般貨物自動車運送業」、特定された荷物を配送する事業は「特定貨物自動車運送業」、軽自動車や自動二輪車を使い配送する方法を「軽貨物運送業」という方法に分かれます。

一見3種類を見てみても同じ配送業に思われがちですが、手続きは全く違います。それは取得する証明の違いです。一般貨物や特定貨物が許可制であるのにたいし、「軽貨物」は届出制です。しかし、役所の許可が不要になるなど手続きが簡略化されています。

大まかな流れは、営業所の所在地のある都道府県の運輸局で必要書類を持参し届出をおこないます。届出をすることで軽自動車検査協会の仕事ができる黒ナンバーが発行されます。必要書類は「貨物軽自動車運送事業経営届出書」、「事業用自動車連絡書」、登録する車の車検証、配送に関する料金表が必要になります。運輸支局の手続きが終わったら、陸運局への登録が必要になります。

陸運局へは、貨物として扱う軽車両の車検証、営業所の概要、運送規約や損害賠償に関する手続きの書類です。運輸支局と陸運局への許可が通りはじめて、事業を開始することができます。大事なのはここからで、実際にはじめてみるとさまざまなリスクがあることも念頭に置いておく必要があります。独立して事業を開始することは、経験者でも初心者でも不安に思うことは多々あります。現在は、経験者よりも異業種からの転職者が多いです。

なぜ、この仕事を選んだのか、それは開業への負担が少ないためあると言われています。軽自動車があればすぐに始められるということや初心者や経験者分け隔てなく働いた分の給料に繋がることが理由としてあげられます。しかし、個人で経営しているため経費がかかるということを忘れてはなりません。

大手配送業者の場合は、ガソリン代や高速料金、車の保険料などの諸経費はすべて会社負担です。それに比べると軽貨物運送業の場合は自己負担です。近年では、経費の面から大手の配送業者から業務委託の言う形で請け負うこともあります。

請け負いの場合は昼夜問わず働いた上、収入から税金などを差し引かれ、結果として精神的あるいは肉体的にも負担があります。そのため、多少の経費はかかっても個人で開業していたほうが収入の面でもいいかもしれません。ほかにもこの業種に適している人材として、定年退職して時間がある人も初心者で開業することが可能です。

 

近年話題の業種のなかに、軽貨物運送業があります。この仕事は、軽自動車があれば簡単に始めることができるという理由から個人事業としては最適な仕事であると言われています。勤務形態は、サラリーマンとは異なり、自由な時間で自分のスケジュールの都合で働くことができます。

日によって配送する荷物の量を決めることができるのも魅力です。勤務している人は経験者もいますが、異業種からの転職者がほとんどです。しかし、経験者も初心者も分け隔てなく働いた分の給料になります。

実際に事業を始めるにあたり、数多くの手続きがあります。運輸局や陸運局に届出をするために複数の書類が必要になり、審査に通過したら晴れて開業することができます。開業したらガソリン代などの経費は自分持ちです。ほかにも車のメンテナンスや車検は定期的に年に数回はおこなう必要があります。こうしたことを理解しておくことが大切です。

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧