東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方向けに、おすすめしたい会社をまとめてみました。

第3位 丸和運輸

丸和運輸の画像1

おすすめポイント高収入を見込めるビジネスモデルが特徴

東京でおすすめの軽貨物求人で私が第3位に選んだのは、「丸和運輸」です。丸和運輸は、東証1部上場企業で丸和運輸の社内教育として、丸和ロジスティクス大学を開講しロジスティクスに関わる人材の育成に力を入れています。

軽貨物ドライバーとしての仕事は大手EC通販で販売された商品を個人宅に届けるのがメインです。大手EC通販と大口契約を締結しているので、軽貨物ドライバーは安定した仕事量を期待することができます。

軽貨物ドライバーという仕事は、お客様に「ありがとう」と喜んでもらえるやりがいのある仕事です。その、やりがいプラス高収入を狙えるビジネスモデルを丸和運輸では用意しています。

高収入を得られるチャンスがあれば、より軽貨物ドライバーの仕事を頑張れますよね。丸和運輸のビジネスモデルもあわせてご紹介したいと思います。

丸和運輸の画像

丸和運輸

高収入を見込めるビジネスモデルが特徴

公式サイトで詳細を見る

狭いエリアで効率的に働く

丸和運輸の画像2

軽貨物ドライバーは、仕事量が確保されているのか? 安定した収入を得られるのか?とても気になる点ですよね。丸和運輸の軽貨物ドライバーの仕事は、主に大手EC通信販売で販売された商品を、個人のお客様に届けるものです。

大手企業との提携になるので、仕事が途切れる心配もなく仕事が入ってくるので、安定した収入を得る事ができます。EC通信販売を利用した経験のある方なら想像がつくように、運送する荷物はさほど大きいものはありません。

荷物が軽い物やコンパクトな物が中心なら、軽貨物車両への積み出しも負担が少ないので、女性で軽貨物ドライバーとして求人を探している方にもおすすめができます。また、丸和運輸の軽貨物ドライバーの運送範囲は、東京23区の場合1km圏内とエリアが狭いので長距離運転の心配はありません。

長距離運送となると、軽貨物ドライバーの疲労が増え、事故も起こしやすくなりますが、1km圏内なら比較的安全に運転ができるものです。個人宅に荷物を届けるとなると、不在のために再配達を行う必要に駆られるため、その点気になりますが、エリアが狭ければ移動距離の負担が少ないので再配達も比較的スムーズに済ませられるでしょう。

特徴的なビジネスモデル

丸和運輸の画像3

軽貨物ドライバーとして仕事をするなら、高収入を見込める丸和運輸の業務委託のビジネスモデルはとても特徴的だと言えるでしょう。

■ 110プラン売上保証

丸和運輸の売上保証は1年間です。月60万円・年間720万円の売上保証が用意されています。この売上保証を受ける条件は、1日あたり110個の荷物の配達を完了することです。

規定数に届かない場合には、不足した分の報酬が減額されますが、110個という数は、軽貨物運送のなかでは、大きすぎることもありませんし、配達エリアが1km圏内と狭いので、決して厳しい条件ではないかと思います。

■ 完全出来高制

110プランを達成後、より高い収入を目指して頑張る軽貨物ドライバーをきちんと評価するために、規定数量以上の荷物を配達した軽貨物ドライバーには、その出来高分の報酬をしっかりと支払ってくれるのが、完全出来高制度です。

頑張った分だけ収入が増えるのは軽貨物ドライバーとして、とても喜ばしいものですよね。

■ 報酬は毎月20日の支払い

頑張った分だけ収入を得られるビジネスモデルはとても魅力的ですが、その報酬が毎月何日に支払われるかも重要なポイントとなります。軽貨物ドライバーとして仕事をするということは、個人事業主になるということですので、さまざまな方面への支払いも発生します。

会社勤めのサラリーマンなら、給料から必要な支払いを相殺してもらえますが、軽貨物ドライバーはそうもいきません。軽貨物ドライバーとして仕事をするかたわら、支払いなどのキャッシュフフローを考えなくてはなりません。

月末請求の諸費用の支払いがあってもその時点で報酬を手にできていなければ支払いができません。そういった支払い事故を避けるため、丸和運輸では報酬が毎月20日に支払われます。これなら月末の支払いを心配する必要がなくなりますね。

丸和運輸の画像

丸和運輸

高収入を見込めるビジネスモデルが特徴

公式サイトで詳細を見る

初期費用は?必要経費例は?

丸和運輸の画像4

丸和運輸で軽貨物ドライバーとして業務委託を受けたいと考えたときに、初期費用や軽貨物車両の貸与や購入費用のサポートがあるかという点は気になりますよね。丸和運輸では、軽貨物車両は軽貨物ドライバーが自分で用意するのが基本となっていますが、サポート体制として軽貨物車両をリースで提供してくれます。

もちろんAT車やナビ付車も用意されているので安心です。軽貨物ドライバーとして一日も早く仕事をスタートできる環境が用意されているのは良い体制だと言えます。また、軽貨物車両のサポートは、軽貨物車両のリースだけではなくメンテナンスも含まれます

安全に運送を行うためにも、軽貨物車両のメンテナンスは必須です。法定点検や車検に必要な項目である、一般整備・エンジンオイル交換・タイヤ交換・バッテリー交換などをメンテナンスパックとして格安で受けれるように提供してくれるのもありがたいです。

軽貨物車両を所有していない方は、まずリースを利用して開業資金を抑えて、軽貨物ドライバーとしてスタートするのもおすすめです。

また、軽貨物車両の用意以外に必要となる初期費用ですが、開業資金は0円となっていますが、入会金、契約金、加盟金が発生します。くわしい金額については不明ですので、丸和運輸の説明会などで直接確認してもらえればと思います。

業務委託を受けて軽貨物ドライバーとしてスタートする際に必要な備品の用意もしてくれ(初回のみ)、手続きもサポートしてくれるので、軽貨物運送未経験の方も安心です。

■ 必要経費例

丸和運輸で軽貨物ドライバーとして仕事をする場合にかかってくる必要経費です。

・車両費用(リース)・保険代金:約4万5,000円/月
・ガソリン代:約2万円/月
・事務管理費:1万5,000円/月
・その他諸費用として駐車場代、軽貨物車両を持ち込みの場合はマーキングシール代、車検代
・入会を希望した軽貨物ドライバー:会員制運送事業者ネットワーク(AZ-COM丸和・支援ネットワーク)入会金年会費

必要経費についてもその他に必要な項目があるかご自身でご確認ください。

気になる点は説明会で確認

丸和運輸の画像5

軽貨物運送業者のなかでも、画期的なビジネスモデルを提案する丸和運輸に興味を持った方もおられるでしょう。丸和運輸で軽貨物ドライバーをされている方のなかには、年収1,000万を達成した軽貨物ドライバーも在籍しているそうです。

自分の働き方次第で、高い収入を得られるのであれば、やる気が出ますよね。安心した仕事量とビジネスモデルで収入を得る事ができると思いますが、あえて懸念点を挙げるとすれば、個人宅へ荷物を届けるという点です。不在が多くても、売上保証制度の条件である1日110個配達完了が達成できるのかという疑念も多少抱いてしまいます。

売上保証条件の達成率と、諸々の初期費用の金額について気になった方は説明会などで詳細を聞いてみましょう。軽貨物ドライバーとして仕事を始めた後にも、軽貨物ドライバーとしての座学研修や同乗者研修も用意されているので、トータルして、おすすめの軽貨物運送会社と言えます。

丸和運輸の画像

丸和運輸

高収入を見込めるビジネスモデルが特徴

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
東京の軽貨物求人ランキング!
第2位 SBS即配
第3位 丸和運輸
第4位 赤帽
第5位 軽急便
記事一覧

東京軽貨物求人のおすすめランキング

商品画像12345
商品名ロジクエストSBS即配丸和運輸赤帽軽急便
特徴万全なサポート体制で今すぐ稼げる大手企業母体の軽貨物運送会社高収入を見込めるビジネスモデルが特徴組合員ドライバー同士が助け合う協同組合安心して働ける研修制度
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
東京の軽貨物求人ランキングはこちら