東京で軽貨物ドライバーの求人を探している方向けに、おすすめしたい会社をまとめてみました。

タウンサービス株式会社の画像1

商号 タウンサービス株式会社
本社住所 〒170-0003
東京都豊島区駒込3-3-20 駒込トリオビル5階
連絡先 フリーコール:0120-00-2337
電話:03-5961-0361
FAX:03-5961-0367
事業内容 貨物軽自動車運送事業コンサルティング
貨物軽自動車運送事業
第一種貨物利用運送事業
保険代理店業務
設立 昭和47年6月1日
創業 昭和41年4月
資本金 1,000万円
株主 プラスロジスティクス株式会社
代表取締役社長 若佐 照夫
従業員数 59名(2020年1月現在)
おすすめポイント累計2万人以上の開業支援実績

東京でおすすめの軽貨物求人で私が第9位に選んだのは、「タウンサービス株式会社」です。創業から現在まで運送事業のコンサルタントをメインに事業展開をしており、配送サービスの一環として軽貨物ドライバーの独立開業支援をおこなっています。

東京都豊島区の本部をはじめ全国各地に20ヶ所以上の拠点を構えており、それぞれの地域に密着した配送サービスを提供しているほか、独自のシステムを活かしたドライバーの開業支援・育成に注力してきました。

また、2014年に3PL(サードパーティー・ロジスティクス/物流部門を第三者企業に委託する業務形態)であるプラスロジスティクスグループの一員となったことで、軽貨物運送業社としてさらに幅広いニーズに対応できる企業として発展しています。

タウンサービス株式会社の画像

タウンサービス株式会社

累計2万人以上の開業支援実績

公式サイトで詳細を見る

豊富な案件から自分に合った仕事が選べる

タウンサービス株式会社の画像2
タウンサービスは、大手企業を含めた約6,000社の取引先を有しているため、非常に豊富な案件数を誇っています。「フルタイムでしっかりと働きたい」「副業として働きたい」「土日は休日にしたい」など、自分に合ったワークスタイルを実現することができるでしょう。

年齢や性別は不問で無理のない働き方ができるほか、定年も決められていないため、長期間にわたって安定したライフプランの構築が可能な点も特徴です。

入会金はかかってしまいますが、ロイヤリティ・仕事斡旋料・仲介手数料は無料なので、車両が用意できるのであれば比較的低資金での独立開業が可能です。また、案件は全てタウンサービスが提示してくれるため、自分で営業活動をする手間を完全に省略することができるでしょう。

■開業までのワークフロー

①説明会に参加
タウンサービスでは、各地で軽貨物ドライバー独立開業に関しての説明会を実施しています。ちなみに東京都内では、豊島区の本社・東京第一営業所・東京第二営業所の3ヶ所が対象となっています。

②入会申し込み
日程について相談後、申し込みの手続きをおこないます。都合に合わせて、土日や祝日にすることも可能です。

③申請書類の提出
陸運支局へと提出する書類の作成と、届出をおこないます。

④営業ナンバー交付
新車購入または中古リースを選んだ場合は、あらかじめ営業ナンバーが取り付けられた車両が納車されます。既に所有している車に営業ナンバーを付ける場合は、付け替えのサポートをお願いできます。

⑤開業・業務スタート
タウンサービスの担当者と一緒に、紹介された荷主企業へ訪問し面談をおこないます。業務内容の確認をして問題がなければ契約締結、業務がスタートします。

タウンサービスの会員システム

タウンサービス株式会社の画像3
タウンサービスでは、軽貨物運送業で独立開業を目指している人に向けて、開業の手続きから安定経営を実現するまでのトータルサポートを提供しています。中でも「仕事及び収益の確保」「案件の選択についての相談対応」などでは、非常に心強い支援が期待できます。

ここからは、そんなタウンサービスのドライバー開業支援サイト「軽バン・ビス」の会員システムについて紹介していきましょう。

■独立開業で必要な資金

タウンサービスの会員になるにはまず、入会金として55万円(税込)を支払う必要があります。また、配送業務貨物セット(名刺・ゴム印・集配中プレート・懐中電灯・台車・請求書・領収書)の購入も併せてしなくてはいけない点には注意です。

・開業資金内訳の目安
入会金55万円(税込)+配送業務貨物セット2万2,000円(税込)+互助会費5,000円/年(非課税)+会費1万6,755円/月(税込)

上記の資金に加え、車両を別途用意する場合、初期費用は150万円~200万円程度となります。車の購入費と別に150万円以上かかってしまうのは、金銭的に余裕がないとネックになってしまうかもしれませんね。ただ、ロイヤリティ・斡旋料・仲介手数料はかかりません。

■入会条件

入会するための条件は特別なものはなく、普通免許さえ所持していれば大丈夫です。また、年齢や経験、性別なども問いません。

■サポート体制

開業手続きの際必要となる各種書類の作成・届出サポートのほか、車両の購入・リースに関しての案内など開業に向けて全面的に支援してくれます。また開業した後も、ライフスタイルや今後の人生設計に合わせた仕事紹介、法人化・事業拡大の相談なども受け付けてくれるため、長期間でのサポートが期待できるでしょう。

タウンサービス株式会社の画像

タウンサービス株式会社

累計2万人以上の開業支援実績

公式サイトで詳細を見る

独立開業後のビジネスモデル

タウンサービス株式会社の画像4
軽貨物ドライバーとして開業するとまず、タウンサービスに希望する荷物のジャンル・時間帯・収入などを伝えましょう。それになるべく叶う条件で、仕事を紹介してくれます。業務委託契約の締結が完了すると、タウンサービスの委託先事業者として顧客企業の荷物を配送できるようになります。

また、新規案件の開拓といった営業活動はタウンサービスのスタッフがおこないます。例えば「なるべく軽い荷物を扱いたい」「夕方までに完了する案件が良い」など要望を伝えることで、今後の顧客企業開拓に反映されるかもしれませんよ。

■実際の業務内容をチェック

・スポット配送(チャーター便)
依頼先・届け先が毎回違うことの多い配送方法です。距離によっても変動しますが、基本的には1日に1~3便配送します。

・宅配(企業専門配送or商業便)
決められた一定のエリアを中心に、多数の個人宅や企業に配送をおこないます。

・ルート配送
請負先で指定されたルート・時間に荷物を顧客先へ配送します。

・その他付帯業務
配送業務には、伝票処理・倉庫整理・集金・商品設置・在庫確認・ピッキング・調査補助・営業補助などの業務も含まれています。意外とやることが多そうですね。

頑張りしだいで開業だけでなく、事業拡大も目指せる環境

タウンサービス株式会社の画像5
タウンサービス株式会社は、独立開業するドライバーに対し長期にわたっての手厚いサポートが特徴的な企業です。会員の中には実際業績を伸ばしたことで、業務を拡大して法人化した方も出ているそうです。

初期費用は高めですが、将来の法人化などを見据えて個人事業主になりたい、安定したサポートを受けた上でドライバー業を続けていきたいと考える方には特におすすめできます。

タウンサービスの独立開業サポートが気になった方は、WEBサイトから資料請求、または20拠点で開催されている説明会に申し込んでみてはいかがでしょうか。

タウンサービス株式会社で働くドライバーさんの口コミ・評判を集めてみました!

説明会に参加して沢山の可能性を感じた

タウンサービスに入会する前は、大型トラックで長距離の輸送や、倉庫での商品管理、ルート配送などの仕事をしていました。定年退職をする前に独立してできる仕事を探していました。運送業や飲食店を考えて探していたときに、タウンサービスを見つけました。早速、説明会に参加して自分はほとんど即決で入会を決めましたね(笑)。説明会で、車の台数を増やし法人化の道もあることを知り、それが魅力的で決め手になりました。説明会で自分も複数台でやっていける感触があったんですよね。

自分は営業ができないので、営業部員を雇うことを考えるとタウンサービスへの入会金も必要経費と思いました。そう考えると高いとは思いませんでしたね。妥当だと思いました。

車の台数も増え、法人化もする予定

入会してからも配達に関する丁寧な研修がありました。具体的には、先輩ドライバーに同乗して貰い実際のルートを走ったりしました。3週間ぐらいかけてじっくりと教えていただきました。配達先の会社毎にこの時間休憩に入る、会議中が多いなどが分かってきて、慣れてくると配達の効率も上がってきます。

現在自分は車2台で営業しています。車の台数を増やすときにもタウンサービスは親身に相談に乗ってくれました。台数を増やすと、確かに売上は伸びるけどその分経費もかかります。タウンサービスから紹介される仕事で、経費分を賄えて利益が出せるか?など様々な相談に乗ってくれるのでとても心強いです。

やっぱり独立して働くからには、自分は台数を増やしていきたいと思っていましたし、これからも増やしていくつもりです。この夏には法人化もする予定です。たとえ1人でやっていくにしても、自営業なわけですから経営者感覚を持って、将来はこうしていきたいというビジョンがある人がこの仕事には向いていると思いますね。今後ですが、タウンサービスのパートナーとして業務を続け、3年後には車の台数が2桁になっていることが目標です。

引用元:https://townservice.net/

→こちらの方は定年前に独立できる仕事を探していたときにタウンサービスを知り、ほぼ即決で入会を決めたそうです。その理由は、車両の台数を増やして法人化することができるというところに魅力を感じたから。現在は2台で営業していますが、3年後には台数を2桁に増やすことが目標とのこと。

台数を増やすことは売り上げが伸びる反面、経費も増えてしまいますよね。タウンサービスには台数を増やしても利益が出せるかどうかといった相談もできるので、決して無謀ではなく、計画的に事業拡大を目指すことができます。

3年越しで念願の独立

もともと若いころから独立して、自分で仕事をしてみたいという希望がありました。以前の会社に在籍している時、フランチャイズ募集のイベントがあることを知り、たくさんの企業の話が聞けると思い参加したんです。そのイベントにタウンサービスも出展していました。ネットでタウンサービスの名前は知っていたので詳しく話を聞きました。ラーメン好きなので飲食業を考えていましたが、初期費用がネックでした。タウンサービスの話を聞き、運転も好きだったし、運送業をやろうと決めました。

しかし、家族に大反対されてしまったんですよね。そのイベントには、前職の元同僚と一緒に行ったんです。元同僚は家族に賛成されて、自分より2年位前にタウンサービスへ入会しました。実際に働き始めた元同僚から生の声を聞き、安心して働ける環境だと確信しました。ちょうど子供も成人して、そろそろ自分の夢にチャレンジしても良いかなと思いタウンサービスへの入会を決めました。その時は、家族も賛成してくれました。最初にタウンサービスで説明を聞いてから独立まで3年かかりましたね。今は薬品会社から薬局に薬品を運ぶ仕事をしています。1日に50件ほど配達します。荷物は、ほとんど軽い物ばかりですね。

コーヒーラーメンで仲間になれた

実際にタウンサービスに入会して仕事を始めるまでは、全然違う畑の仕事なので自分にできるか不安でした。研修は前任者が2週間ほど車に同乗し、仕事の進め方や配送ルートを教えてくれました。仕事に慣れるまでは、配達先の件数も減らして頂いたので焦らずに仕事に慣れていくことができました。タウンサービスも「お仕事慣れましたか?」と電話をかけて来てくれて心強かったですね。

職場には私のような委託ドライバーと薬品会社の社員の方がいます。立場に関係なくドライバー同士でお互いにフォローしあっていますね。ラーメン好きの自分がみんなを誘い、珍しいコーヒーラーメンを食べに行ったことがありました。それまでは、どことなく他人行儀でしたが、それからみんな打ち解けられたと思います(笑)。

勤め人の時は、管理職をやっていたので目標の達成や人材育成など様々なプレッシャーがありました。今はプレッシャーも無くなり、精神的にも楽になり、疲労感もはるかに少ないですね。今後は増車して、前職の仲間が集まって法人化できたらなと考えています。自分自身も元気なうちはタウンサービスの仕事を続けていくつもりです。でも本当の夢は法人化して会社として回りだしたら、道楽としてラーメン屋をやりたいですね(笑)。

引用元:https://townservice.net/

→こちらの方はラーメンが好きで、初めは飲食のフランチャイズを考えていたそうですが、初期費用がネックとなるため、運送業をやることに決めたそうです。しかし会社勤めを辞めて独立するということに家族が反対したため断念。先にタウンサービスに入会した知り合いの生の声を聞き、安心して働ける環境だと確信を持った上で改めて入会することができたそうです。

実際に仕事を始めてからは、タウンサービスから「お仕事慣れましたか?」という電話もあり、心強かったとのこと。会社勤めの頃より精神的に楽に働くことができているそうで、今後は法人化を目指しているそうです。飲食のフランチャイズを選択していたら、今頃成功していたかどうか定かではありませんが、ドライバーとして独立を成功させたからこそ、いずれラーメン屋をやるという夢を持ち続けられるというのは素敵ですね。

タウンサービス株式会社の画像

タウンサービス株式会社

累計2万人以上の開業支援実績

公式サイトで詳細を見る
サイト内検索
記事一覧

東京軽貨物求人のおすすめランキング

商品画像12345
商品名ロジクエストSBS即配丸和運輸赤帽軽急便
特徴万全なサポート体制で今すぐ稼げる大手企業母体の軽貨物運送会社高収入を見込めるビジネスモデルが特徴組合員ドライバー同士が助け合う協同組合安心して働ける研修制度
詳細リンク公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ公式サイトへ
東京の軽貨物求人ランキングはこちら